電子書籍 宵口怪談 無明(竹書房文庫) 文芸・小説

著: 鳴崎朝寝 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

宵口怪談 無明 あらすじ・内容

内容紹介

アパートのゴミ捨て場で見たスニーカーをその後、何度も別の場所で見る。
なぜか爪先はいつもこちらを向いていて…(「爪先を揃えて」収録)

引っ越した部屋の天袋にいた或るモノ。
その日から奇妙な夢が…「灰色のファミリー」、母を亡くした同級生が学校に連れてくる犬のぬいぐるみ。
その表情がなぜか不気味で…「みどりちゃんといっしょ」、交通事故で奇跡的に助かった祖母。
だが、何か違和感が…「バグる家族」、アパレルショップの倉庫で見つけた段ボール。
〈存在しない鈴木〉と書かれたその中身は…「『存在しない鈴木』」。隣の空室から聞こえてくる女の歌声。

謎を解き明かそうとした男は…「隣の歌」ほか。
怪談最恐戦の投稿部門として始まった実話怪談大会〈怪談マンスリーコンテスト〉から世に出た期待の新星、待望のデビュー作!

著者について

東京都出身。怪談蒐集の他、お酒、ライブ、ゲームが好きで、普段は自家焙煎珈琲豆店「南方郵便機」で働いている。
2018年より毎月開催中の〈怪談マンスリーコンテスト【怪談最恐戦投稿部門】〉で度々入賞、参加既著にそれら入賞作を収録した『稲川淳二の怪談冬フェス~幽宴二〇一八』(竹書房文庫)がある。

この作品を共有

「宵口怪談 無明(竹書房文庫)」最新刊

内容紹介

アパートのゴミ捨て場で見たスニーカーをその後、何度も別の場所で見る。
なぜか爪先はいつもこちらを向いていて…(「爪先を揃えて」収録)

引っ越した部屋の天袋にいた或るモノ。
その日から奇妙な夢が…「灰色のファミリー」、母を亡くした同級生が学校に連れてくる犬のぬいぐるみ。
その表情がなぜか不気味で…「みどりちゃんといっしょ」、交通事故で奇跡的に助かった祖母。
だが、何か違和感が…「バグる家族」、アパレルショップの倉庫で見つけた段ボール。
〈存在しない鈴木〉と書かれたその中身は…「『存在しない鈴木』」。隣の空室から聞こえてくる女の歌声。

謎を解き明かそうとした男は…「隣の歌」ほか。
怪談最恐戦の投稿部門として始まった実話怪談大会〈怪談マンスリーコンテスト〉から世に出た期待の新星、待望のデビュー作!

著者について

東京都出身。怪談蒐集の他、お酒、ライブ、ゲームが好きで、普段は自家焙煎珈琲豆店「南方郵便機」で働いている。
2018年より毎月開催中の〈怪談マンスリーコンテスト【怪談最恐戦投稿部門】〉で度々入賞、参加既著にそれら入賞作を収録した『稲川淳二の怪談冬フェス~幽宴二〇一八』(竹書房文庫)がある。

「宵口怪談 無明(竹書房文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 ホラー
ページ数
207ページ (宵口怪談 無明)
配信開始日
2019年10月1日 (宵口怪談 無明)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad