電子書籍 聖凡人伝 マンガ

著: 松本零士 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

聖凡人伝 (1) あらすじ・内容

SFコミックの巨匠・松本零士が、首吊りが頻発するアパートでゴロゴロ暮らす、冴えない貧乏青年の波瀾万丈に満ちた日常を描いた人生哲学的作品。自殺しようと断崖絶壁にやってきた出戻始(でもどり・はじめ)は、最後の晩餐を食べている時に知り合った美女とアベックに、死ぬのはやめなさいと説得される。翌日、目が覚めた始はいなくなった彼女達を探すと、3通の遺書が残されていて……!?

この作品を共有
  

「聖凡人伝」最新刊

暑さとお酒でグロッキー状態の出戻始(でもどり・はじめ)は、フラフラしながらもバイトへ向かう。そこで地下室の現場へ降りた出戻は、突然出てきた大量の水で溺れたと思われるが、バルブを閉めて水を引かせて男を上げる。そのお礼にたくさんのお酒をもらった出戻は、アパートの皆にお裾分けをしていく。しかし、大家のおばさんはそれを餞別にして首を吊るか夜逃げでもするつもりじゃないかと考えて……!? すべてを受け入れて、今日も出戻始は生きていく! しんみりじんわり考えさせられる完結巻。

「聖凡人伝」作品一覧

(9冊)

各300円 (+税)

まとめてカート

SFコミックの巨匠・松本零士が、首吊りが頻発するアパートでゴロゴロ暮らす、冴えない貧乏青年の波瀾万丈に満ちた日常を描いた人生哲学的作品。自殺しようと断崖絶壁にやってきた出戻始(でもどり・はじめ)は、最後の晩餐を食べている時に知り合った美女とアベックに、死ぬのはやめなさいと説得される。翌日、目が覚めた始はいなくなった彼女達を探すと、3通の遺書が残されていて……!?

雨の日に出かけた出戻始(でもどり・はじめ)は、ふと目覚めると大広間に寝かされており、弟・清(きよし)のしたことを内緒にしてほしいと話す母娘からエッチな接待を受けて、帰りには大金を渡される。わけがわからない出戻は大家のおばさんから、大きな外車に轢かれてどこかに連れて行かれた男が、出戻だったのではないかと心配していたと聞かされる。そんな時、清とその姉がやってきて……!?

セックスコンサルタント・小久保(こくぼ)の部屋の喘ぎ声で、眠れない初春を迎えた出戻始(でもどり・はじめ)。正月なのにパンしかないとふて腐れる出戻は、隣のマンションに住む早名礼子(はやな・れいこ)からたくさんのモチを差し入れされる。裏に捨てられた火バチでそのモチを焼いて食べようとした出戻は、自分のアパートでアベックがエッチしてるのを見て激怒するが……!?

「聖凡人伝」の作品情報

レーベル
――
出版社
eBookJapan Plus
ジャンル
マンガ 男性向け SF 少年マンガ ファンタジー
ページ数
207ページ (聖凡人伝 (1))
配信開始日
2014年12月26日 (聖凡人伝 (1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad