電子書籍 探偵屋・純子 マンガ

著: 伊万里すみ子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

探偵屋・純子 (1) あらすじ・内容

探偵の研修を終えたばかりの新人・深蔵純子(ふかくら・じゅんこ)が、探偵という職業を通して、次々と見知らぬ人達のこころの扉を開いていく恋愛ストーリー。KM探偵社の駆け出し社員である純子は、依頼者と面談する際に上司の沢渡から、自分が有能な女性探偵だと紹介されて焦る。純子の初めての仕事は依頼者の夫人の素行調査。実は、これが単なる浮気調査ではなくて…!?

この作品を共有
  

「探偵屋・純子」最新刊

郷へのあふれる思いを抱き続ける純子は、郷にいつものように安い費用で仕事を依頼する。程もなく、純子の会社へ郷から電話がかかってきて、自分はもう死ぬという言葉に純子は仰天するのだが…!? 探偵恋愛ストーリー、感動の最終巻!!

「探偵屋・純子」作品一覧

(4冊)

各300円 (+税)

まとめてカート

探偵の研修を終えたばかりの新人・深蔵純子(ふかくら・じゅんこ)が、探偵という職業を通して、次々と見知らぬ人達のこころの扉を開いていく恋愛ストーリー。KM探偵社の駆け出し社員である純子は、依頼者と面談する際に上司の沢渡から、自分が有能な女性探偵だと紹介されて焦る。純子の初めての仕事は依頼者の夫人の素行調査。実は、これが単なる浮気調査ではなくて…!?

KM探偵社に今日も依頼者が訪れる。社長秘書を名乗る木田優子から、元・鍋元コーポレーション経理課長の尾田高幸を探してほしいと頼まれる。だが、木田から渡された尾田の写真を見て純子は動揺する。それは、純子の初恋の人だったからなのだが…!?

「君をこれ以上 危険な仕事につけておけない」と沢渡から純子はプロポーズを申し込まれる。沢渡の気持ちをうれしく思う純子だが、郷への想いを断ち切れない胸の内は複雑な感情がもつれあって…!?

「探偵屋・純子」の作品情報

レーベル
――
出版社
eBookJapan Plus
ジャンル
マンガ 少女マンガ 女性向け 恋愛 レディースコミック
ページ数
202ページ (探偵屋・純子 (1))
配信開始日
2014年12月26日 (探偵屋・純子 (1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad