電子書籍 亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズⅢ(亜紀書房) 実用

著: カール・ホフマン  監修: 奥野克巳  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

人喰い――ロックフェラー失踪事件 あらすじ・内容

全米を揺るがした未解決事件の真相に迫り
人類最大のタブーに挑む衝撃のノンフィクション!

1961年、大財閥の御曹司が消息を絶った。
首狩り族の棲む熱帯の地で。

この時点で、マイケルが「いかに」殺され、食べられたのかは、一連の調査や文献からすでにはっきりしていたのである。
著者ホフマンにとってどうしても解せなかったのは、「なぜ」マイケルが殺され、食べられなければならなかったのかということだった。(解説より)

解説:奥野克巳(文化人類学者)

この作品を共有

「亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズⅢ(亜紀書房)」最新刊

全米を揺るがした未解決事件の真相に迫り
人類最大のタブーに挑む衝撃のノンフィクション!

1961年、大財閥の御曹司が消息を絶った。
首狩り族の棲む熱帯の地で。

この時点で、マイケルが「いかに」殺され、食べられたのかは、一連の調査や文献からすでにはっきりしていたのである。
著者ホフマンにとってどうしても解せなかったのは、「なぜ」マイケルが殺され、食べられなければならなかったのかということだった。(解説より)

解説:奥野克巳(文化人類学者)

「亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズⅢ(亜紀書房)」の作品情報

レーベル
――
出版社
亜紀書房
ジャンル
実用 ノンフィクション 文化
ページ数
484ページ (人喰い――ロックフェラー失踪事件)
配信開始日
2019年10月4日 (人喰い――ロックフェラー失踪事件)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad