電子書籍 基本がわかる 実践できる 図解 品質コンプライアンスのすべて ISO9001:2015プロセスアプローチによる不正防止の進め方(日本能率協会マネジメントセンター) 実用

著: 小林久貴 

まずは、無料で試し読み

試し読み

43ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

基本がわかる 実践できる 図解 品質コンプライアンスのすべて ISO9001:2015プロセスアプローチによる不正防止の進め方 あらすじ・内容

■品質問題を未然に防ぐガイド
自動車会社の燃費データ偽装、製鉄会社の品質データ偽装などが昨今、社会問題化しています。過度なコスト圧縮や納期短縮のプレッシャーなどが主要因ですが、この問題を未然に防ぐのがISO9001(品質マネジメントシステム):2015年版のプロセスアプローチの考え方に基づく「品質コンプライアンスマネジメント」です。
本書はこのテーマに長年取り組んでいるコンサルタントが、具体的にどのように仕組みを構築して対処していくのかを図表や図版を添えて、わかりやすく解説します。

■本書の特徴
①なぜ品質コンプライアンス違反を引き起こすのか? なぜ品質コンプライアンス違反を止められないのか? その解決策とされるISO9001(品質マネジメントシステム):2015年版のプロセスアプローチの考え方に基づいて具体的に要因を説明する。
②品質マネジメントシステムの要素ごとに、具体的にどのように考えて仕組みを追加・修正していくのかを解説する。
③品質マネジメントシステムのセクター規格においても、コンプライアンスに対する要求がある。これらの要求事項を理解し、応用することが効率的であり、効果的である。IATF16949、ISO/IEC27001などのマネジメントシステム規格の要求事項を活用し、どのような仕組みを取り込んでいくのかを紹介する。
④品質マネジメントシステムは、プロセスとそのつながりで出来ている。したがって、品質コンプライアンスへの対応もプロセスにおいて実行することが効果的となる。プロセスにおける品質コンプライアンス対応の具体的考え方と方策について、プロセスアプローチ手法(プロセスの目・リスクの目)を用いて紹介する。
⑤さらに、従来にないオリジナルな考え方である品質コンプライアンスリスクの分析手法についても言及する。
⑥内部監査を活用しない手はない。品質コンプライアンスへの対応における内部監査の有効活用方法を紹介する。

■目次
第1部 なぜいま品質コンプライアンスなのか
第 1 章 品質コンプライアンスとは
第 2 章 品質コンプライアンス違反の発生メカニズム

第2部 品質マネジメントシステムとプロセスアプローチ
第 3 章 品質マネジメントシステムへの展開
第 4 章 品質コンプライアンスとISO9001 要求事項との関連
第 5 章 プロセスアプローチの考え方
第 6 章 品質コンプライアンスリスクアセスメントの実施
第 7 章 品質コンプライアンスにおけるプロセスアプローチの活用
第 8 章 プロセスアプローチ監査の有効活用
第 9 章 品質コンプライアンスマネジメントシステムの構築ステップ

付録1  品質コンプライアンスマネジメントシステム要求事項
付録2  品質コンプライアンスマネジメントシステム文書事例集

この作品を共有

「基本がわかる 実践できる 図解 品質コンプライアンスのすべて ISO9001:2015プロセスアプローチによる不正防止の進め方(日本能率協会マネジメントセンター)」最新刊

■品質問題を未然に防ぐガイド
自動車会社の燃費データ偽装、製鉄会社の品質データ偽装などが昨今、社会問題化しています。過度なコスト圧縮や納期短縮のプレッシャーなどが主要因ですが、この問題を未然に防ぐのがISO9001(品質マネジメントシステム):2015年版のプロセスアプローチの考え方に基づく「品質コンプライアンスマネジメント」です。
本書はこのテーマに長年取り組んでいるコンサルタントが、具体的にどのように仕組みを構築して対処していくのかを図表や図版を添えて、わかりやすく解説します。

■本書の特徴
①なぜ品質コンプライアンス違反を引き起こすのか? なぜ品質コンプライアンス違反を止められないのか? その解決策とされるISO9001(品質マネジメントシステム):2015年版のプロセスアプローチの考え方に基づいて具体的に要因を説明する。
②品質マネジメントシステムの要素ごとに、具体的にどのように考えて仕組みを追加・修正していくのかを解説する。
③品質マネジメントシステムのセクター規格においても、コンプライアンスに対する要求がある。これらの要求事項を理解し、応用することが効率的であり、効果的である。IATF16949、ISO/IEC27001などのマネジメントシステム規格の要求事項を活用し、どのような仕組みを取り込んでいくのかを紹介する。
④品質マネジメントシステムは、プロセスとそのつながりで出来ている。したがって、品質コンプライアンスへの対応もプロセスにおいて実行することが効果的となる。プロセスにおける品質コンプライアンス対応の具体的考え方と方策について、プロセスアプローチ手法(プロセスの目・リスクの目)を用いて紹介する。
⑤さらに、従来にないオリジナルな考え方である品質コンプライアンスリスクの分析手法についても言及する。
⑥内部監査を活用しない手はない。品質コンプライアンスへの対応における内部監査の有効活用方法を紹介する。

■目次
第1部 なぜいま品質コンプライアンスなのか
第 1 章 品質コンプライアンスとは
第 2 章 品質コンプライアンス違反の発生メカニズム

第2部 品質マネジメントシステムとプロセスアプローチ
第 3 章 品質マネジメントシステムへの展開
第 4 章 品質コンプライアンスとISO9001 要求事項との関連
第 5 章 プロセスアプローチの考え方
第 6 章 品質コンプライアンスリスクアセスメントの実施
第 7 章 品質コンプライアンスにおけるプロセスアプローチの活用
第 8 章 プロセスアプローチ監査の有効活用
第 9 章 品質コンプライアンスマネジメントシステムの構築ステップ

付録1  品質コンプライアンスマネジメントシステム要求事項
付録2  品質コンプライアンスマネジメントシステム文書事例集

「基本がわかる 実践できる 図解 品質コンプライアンスのすべて ISO9001:2015プロセスアプローチによる不正防止の進め方(日本能率協会マネジメントセンター)」の作品情報

レーベル
――
出版社
日本能率協会マネジメントセンター
ジャンル
実用 ビジネス 教養 憲法・法律
ページ数
289ページ (基本がわかる 実践できる 図解 品質コンプライアンスのすべて ISO9001:2015プロセスアプローチによる不正防止の進め方)
配信開始日
2019年10月11日 (基本がわかる 実践できる 図解 品質コンプライアンスのすべて ISO9001:2015プロセスアプローチによる不正防止の進め方)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad