電子書籍 大仕掛け 悪党狩り(二見時代小説文庫) 文芸・小説

著: 沖田正午 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

大仕掛け 悪党狩り 如何様大名 あらすじ・内容

気風と人情の新内流し、巨万の家を受け継いで、悪を地獄に送る大芝居

心中母子を助けた新内流し。
三味線の声なき声に導かれ、弱き人の怨みを晴らすため、
欲に塗れる悪徳大名を潰す、金に糸目はつけぬ大仕掛け。

新内流しの弁天太夫と相方の松千代は、母子心中に出くわし二人を助ける。母親は理由を語らないが、身の振り方を考える太夫。一方太夫に、実家である江戸の様々な大店を傘下に持つ総元締め「萬店屋」を継げとの話が舞い込む。超富豪になった太夫が母子の事情を調べると、ある大名のとんでもない企みが……。悪徳大名を陥れる、金に糸目をつけない大芝居の開幕!

この作品を共有

「大仕掛け 悪党狩り(二見時代小説文庫)」最新刊

気風と人情の新内流し、巨万の家を受け継いで、悪を地獄に送る大芝居

心中母子を助けた新内流し。
三味線の声なき声に導かれ、弱き人の怨みを晴らすため、
欲に塗れる悪徳大名を潰す、金に糸目はつけぬ大仕掛け。

新内流しの弁天太夫と相方の松千代は、母子心中に出くわし二人を助ける。母親は理由を語らないが、身の振り方を考える太夫。一方太夫に、実家である江戸の様々な大店を傘下に持つ総元締め「萬店屋」を継げとの話が舞い込む。超富豪になった太夫が母子の事情を調べると、ある大名のとんでもない企みが……。悪徳大名を陥れる、金に糸目をつけない大芝居の開幕!

「大仕掛け 悪党狩り(二見時代小説文庫)」の作品情報

レーベル
二見時代小説文庫
出版社
二見書房
ジャンル
文芸・小説 歴史 時代小説 日本文学
ページ数
283ページ (大仕掛け 悪党狩り 如何様大名)
配信開始日
2019年11月1日 (大仕掛け 悪党狩り 如何様大名)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad