電子書籍 小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる(ポルタ文庫) 文芸・小説

著: 藤井 論理  イラスト: くろでこ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

24ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる あらすじ・内容

小戸森さんは魔女だ

草食系を通り越して老成した趣きのある高校生・園生くんは、ふとした偶然から、非の打ちどころのない美少女で学校一の人気者・小戸森さんが魔女だと知る。おまけに小戸森さんに「魔法でしもべにする」と宣言されてしまい、眉唾な魔法をいろいろ使われる羽目に。しかし、“しもべ”なんかではなく、小戸森さんの“恋人”になりたい園生くんとしては、なんとか小戸森さんの魔法に抗いたい。とはいえ、園生くんの前ではなぜか素が出てしまう小戸森さんは、今ひとつ魔女として本領発揮ができないようで!?
超ド級の鈍感男子と超絶奥手魔女による、じれじれ“両片想い”ストーリー。

この作品を共有

「小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる(ポルタ文庫)」最新刊

小戸森さんは魔女だ

草食系を通り越して老成した趣きのある高校生・園生くんは、ふとした偶然から、非の打ちどころのない美少女で学校一の人気者・小戸森さんが魔女だと知る。おまけに小戸森さんに「魔法でしもべにする」と宣言されてしまい、眉唾な魔法をいろいろ使われる羽目に。しかし、“しもべ”なんかではなく、小戸森さんの“恋人”になりたい園生くんとしては、なんとか小戸森さんの魔法に抗いたい。とはいえ、園生くんの前ではなぜか素が出てしまう小戸森さんは、今ひとつ魔女として本領発揮ができないようで!?
超ド級の鈍感男子と超絶奥手魔女による、じれじれ“両片想い”ストーリー。

「小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる(ポルタ文庫)」の作品情報

レーベル
ポルタ文庫
出版社
新紀元社
ジャンル
文芸・小説
ページ数
247ページ (小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる)
配信開始日
2019年10月18日 (小戸森さんは魔法で僕をしもべにしたがる)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad