電子書籍 疑似人間メルティア(富士見ファンタジア文庫) ラノベ

著者: 対馬正治  イラスト: 小河原亮 

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

疑似人間メルティア わたしの中の魔獣 あらすじ・内容

最初は単なる連続猟奇殺人と思われていた事件が、この世界の覇権をめぐる闘いへと転がり出していく……

「せっかく手に入れた新しい器―喰われてたまるか」数分前まで姉ユピテルだったはずの銀色の獣は無表情に少年を見下ろしていた…。はぐれ異術師の少女ユピテルと弟ラッセル。気の強い姉と気弱な弟の二人が軽い気持ちから引き受けた擬獣退治が姉弟の運命を大きく変えてしまった。なんと、退治したユピテルと退治されたメルティアが合体してしまったのだ。昼はユピテル、夜は疑似人間メルティアという存在になった彼女(ら?)は奇妙な事件に巻き込まれる。最初は単なる連続猟奇殺人と思われていた事件が、この世界の覇権をめぐる闘いへと転がり出していく。

この作品を共有

「疑似人間メルティア(富士見ファンタジア文庫)」最新刊

最終決戦!王都モラックスを舞台に、異術師VS擬獣の総力戦が展開される。「見たまえ―。擬獣の群れが、我々の背負っている原罪そのものだ」異術師の長・シュレディングは、悲壮なる決意を秘め、闘いへと臨む。その決戦の中、ユピテルとメルティアが対峙するのは、全ての擬獣を束ねる敵『デミウルゴス』であった。あまつさえ『彼』は、ユピテルの最愛の弟・ラッセルの身体を媒体として、この世に現出したのだ!まさに全ての智と力が必要とされるラストバトル。彼女たちはこの敵を退けることができるのか。

「疑似人間メルティア(富士見ファンタジア文庫)」作品一覧

(5冊)

560円〜620円(+税)

まとめてカート

「せっかく手に入れた新しい器―喰われてたまるか」数分前まで姉ユピテルだったはずの銀色の獣は無表情に少年を見下ろしていた…。はぐれ異術師の少女ユピテルと弟ラッセル。気の強い姉と気弱な弟の二人が軽い気持ちから引き受けた擬獣退治が姉弟の運命を大きく変えてしまった。なんと、退治したユピテルと退治されたメルティアが合体してしまったのだ。昼はユピテル、夜は疑似人間メルティアという存在になった彼女(ら?)は奇妙な事件に巻き込まれる。最初は単なる連続猟奇殺人と思われていた事件が、この世界の覇権をめぐる闘いへと転がり出していく。

「えっと、アレは確か―」「ガレス!?なんでこんな所にヤツがいるんだっ」錬金術師の遺跡を調査していたユピテルたちに大型擬獣の牙が迫る!はぐれ異術師のユピテルは擬獣メルティアと合体、疑似人間と化してしまった。それはユピテル、メルティアにとって好ましくないことだった。ユピテルはメルティアに新たな身体を与える方法を求めて古の錬金術師の遺跡を巡る。そのさ中立ち寄った街、アッザムでユピテルは弟ラッセルとともに、ほんのささいな事件に巻き込まれた。だが。その「事件」は意外な方向に流れ始める。立ち現れるさまざまな勢力、そして予想外の敵―。世界の根幹に関わる秘密とは!?新進気鋭・対馬正治が魂込めて贈るファンタジーアクション。

深海に潜む、巨大なる「魔王」。彼が守護するように、偉大なる錬金術師ゼルファナスの遺産はあった。異術師として並はずれた能力を持つ少女ユピテルと、彼女に憑依した擬獣メルティア。彼女らの未来のためには、その遺産がどうしても必要となる。急がなければ彼女たちの融合が進み、ユピテルの人格が消えてしまうのだ!異術師の力と擬獣の力。巨大な銀色の女神と化したメルティアは、「魔王」に挑んでゆく。さらに遺産の力を狙うテロ組織「黒い太陽」が現れ、闘いはより激しいものに!! 港町カラナンを舞台に、陰謀が錯綜し、世界の謎が徐々にその姿を見せてゆく。待望のファンタジーアクション第3弾!

「疑似人間メルティア(富士見ファンタジア文庫)」の作品情報

レーベル
富士見ファンタジア文庫
出版社
KADOKAWA / 富士見書房
ジャンル
ライトノベル 男性向け めがイラスト
ページ数
293ページ (疑似人間メルティア わたしの中の魔獣)
配信開始日
2015年1月13日 (疑似人間メルティア わたしの中の魔獣)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad