電子書籍 ホテル・チャッツフィールド 文芸

著者: ルーシー・モンロー  翻訳者: 山本翔子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

シークの愛した客室係 あらすじ・内容

天涯孤独の身となった彼女の前に、本物の王子様が現れた。

亡くなった母の最後の手紙を読み、リヤは衝撃を受けた。彼女の実の父親はホテル王ジーン・チャッツフィールドだという。偶然にも〈チャッツフィールド・ロンドン〉では、母の故郷である砂漠の国の皇太子サイードの宿泊を控え、イスラム文化に通じた客室係を求めていて、同系列のホテルの勤務経験があるリヤに白羽の矢が立った。父との対面を夢見て、すぐに働きだしたリヤだったが、思わぬ事態に遭遇してショックを受ける。偶然、エレベーターで出くわした皇太子にいきなり腕をつかまれ、中へ引っ張り込まれたのだ! 二人きりの空間は熱を帯びて……。■超一流ホテル〈ザ・チャッツフィールド〉の経営者一族をめぐる華麗なるロマンスを、8作連続でお届けします。豪華作家陣の競作でお贈りする読み応え満点のシリーズをどうぞお楽しみに!

この作品を共有

「ホテル・チャッツフィールド」最新刊

幼い頃から家族のために尽くしてきたルシーラの願いはただ一つ、〈チャッツフィールド〉を継ぎ、かつての名声を取り戻すこと。だが、一族の長である彼女の父は娘の願いを一蹴し、経歴不肖のギリシア人富豪、クリストスをCEOに任命すると、ホテル経営のすべてを彼に委ねてしまったのだった。日々、神のごとく君臨するクリストスの部下として服従を強いられ、その圧倒的な魅力に惹かれながらも、ルシーラは必死で抗った。彼にだって弱点があるはずよ。もしそれがわかれば……。はからずも、ルシーラは彼の弱点を知ることになる。知りたくなかった、クリストスの忌まわしい過去を。■謎めいたCEOクリストスの正体がついに明らかに! チャッツフィールド家の面々が一同に会しての大団円です。

「ホテル・チャッツフィールド」作品一覧

(7冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

亡くなった母の最後の手紙を読み、リヤは衝撃を受けた。彼女の実の父親はホテル王ジーン・チャッツフィールドだという。偶然にも〈チャッツフィールド・ロンドン〉では、母の故郷である砂漠の国の皇太子サイードの宿泊を控え、イスラム文化に通じた客室係を求めていて、同系列のホテルの勤務経験があるリヤに白羽の矢が立った。父との対面を夢見て、すぐに働きだしたリヤだったが、思わぬ事態に遭遇してショックを受ける。偶然、エレベーターで出くわした皇太子にいきなり腕をつかまれ、中へ引っ張り込まれたのだ! 二人きりの空間は熱を帯びて……。■超一流ホテル〈ザ・チャッツフィールド〉の経営者一族をめぐる華麗なるロマンスを、8作連続でお届けします。豪華作家陣の競作でお贈りする読み応え満点のシリーズをどうぞお楽しみに!

地中海の島国プレタール公国の王女ロッティは、姉の婚礼を控え、ウエディングプランナーとして最後の仕上げに没頭していた。だが突然、姉の強い希望で、会場となるホテルの経営者の御曹司、ルッカ・チャッツフィールドを補佐役に迎えることに。放蕩者として知られる彼に、ロイヤルウエディングの何がわかるの?案の定、ルッカは協力はおろか、初めて顔を合わせた日からロッティの地味な服装をからかい、侮蔑的な態度を隠しもしなかった。美しい姉とつねに比較されることに傷つき、目立つことを避け、感情すら抑えこんで生きてきたロッティの心に微かな変化が現れる。ルッカへの怒りはいつしか、キスを焦がれる熱情にとってかわり……。■チャッツフィールド家の御曹司ルッカは、ゴシップ紙を賑わせるプレイボーイ。生真面目なロッティとは激しくぶつかり合いますが、ルッカの知られざる一面を見てしまい……。

カーラはどうしても抗えない家族の事情からラスヴェガスに飛び、しばらくカジノで働くことになった。ところが空港に着くなり、トラブルに見舞われる。まるでハイランドの戦士のような美しく強靱な男──メディア産業で財を成した大富豪エイダン・ケリーと正面衝突し、履いていたサンダルを壊してしまったのだ。なんて傲慢な人なの! 謝るどころか、私を睨みつけるなんて。しかも苦心してカジノへ辿りついたカーラを待っていたのは、涼しい顔でポーカーのテーブルにつくエイダンだった。カーラは彼の大勝負に賭けられているのが自分だと知って……。■〈ホテル・チャッツフィールド〉の第3話をお届けします。今作が日本デビューとなる新作家ミシェル・コンダーが、両親から愛されずに育った“妖精”が本当の愛にめぐり逢うまでをロマンチックに描きます。

「ホテル・チャッツフィールド」の作品情報

レーベル
ハーレクイン・ロマンス
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸 ハーレクイン(小説)
ページ数
172ページ (シークの愛した客室係)
配信開始日
2015年1月8日 (シークの愛した客室係)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad