電子書籍 栄光の旭日旗 新書

著者: 安芸一穂 

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

栄光の旭日旗 マーシャル諸島迎撃殲滅作戦 あらすじ・内容

二.二六事件を契機に軍部独走を止め、国際協調路線を目指す日本。しかし、戦争を必要とする米国が突如日本に戦線を布告した!

二.二六事件を契機に軍部の独走を止め、民主的な国家に生まれ変わった日本。しかし、国内の不況を立て直すために大規模な戦争が必要な米国は、自作自演のテロにより日本に戦線を布告! 果たして日本はどうするのか!? 「旭日シリーズ」最新作。

この作品を共有

「栄光の旭日旗」最新刊

マーシャル、ウェーク、珊瑚海と負け続けていたアメリカ軍は反抗を開始。大西洋艦隊のほぼすべてを太平洋にまわした。そして日本海軍は、パナマ運河を破壊する「渾三号」作戦を開始した。果たして勝利の行方はどちらの手に!? シリーズ完結編!

「栄光の旭日旗」作品一覧

(3冊)

各762円 (+税)

まとめてカート

二.二六事件を契機に軍部の独走を止め、民主的な国家に生まれ変わった日本。しかし、国内の不況を立て直すために大規模な戦争が必要な米国は、自作自演のテロにより日本に戦線を布告! 果たして日本はどうするのか!? 「旭日シリーズ」最新作。

真珠湾攻撃後も、マレー半島、蘭印、フィリピン、ラバウルへと侵攻する日本。さらにオアフ島の長期封鎖に成功し、太平洋北西部をほぼ手中に収めた。一方アメリカは、失われた真珠湾の機能移転を計画。ラバウルへの攻撃を開始した―。日米が死力を尽くして南西太平洋で激突する!

マーシャル、ウェーク、珊瑚海と負け続けていたアメリカ軍は反抗を開始。大西洋艦隊のほぼすべてを太平洋にまわした。そして日本海軍は、パナマ運河を破壊する「渾三号」作戦を開始した。果たして勝利の行方はどちらの手に!? シリーズ完結編!

「栄光の旭日旗」の作品情報

レーベル
歴史群像新書
出版社
学研
ジャンル
新書
ページ数
291ページ (栄光の旭日旗 マーシャル諸島迎撃殲滅作戦)
配信開始日
2015年1月15日 (栄光の旭日旗 マーシャル諸島迎撃殲滅作戦)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad