電子書籍 関ヶ原群雄伝 新書

著者: 智本光隆 

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

関ヶ原群雄伝 1 あらすじ・内容

大谷吉勝、真田幸村、宇喜多秀家…太閤の息子達が豊臣家のために家康を討つ! 第14回歴史群像大賞優秀賞受賞作家デビュー作!

徳川家康の専横に憤る大谷吉勝は家康との対決を決意。石田三成や真田昌幸らの協力を仰ぎ、さらに真田幸村、宇喜多秀家ら秀吉の息子たちとともに、家康の野心から豊臣家を護るために結束する! 第14回歴史群像大賞優秀賞受賞作家デビュー作!!

この作品を共有

「関ヶ原群雄伝」最新刊

織田秀信の討死の傷も癒えぬまま、ついに矢矧川を挟んで東西両軍が対峙。一夜城を築く三成ら奉行衆の力に驚きつつ大谷吉勝、真田幸村たち豊臣の子は家康との決戦に向けて準備を進めていく。そのなかで、ひとり小早川秀秋だけが不可解な動きをしていた……。

「関ヶ原群雄伝」作品一覧

(3冊)

各762円 (+税)

まとめてカート

徳川家康の専横に憤る大谷吉勝は家康との対決を決意。石田三成や真田昌幸らの協力を仰ぎ、さらに真田幸村、宇喜多秀家ら秀吉の息子たちとともに、家康の野心から豊臣家を護るために結束する! 第14回歴史群像大賞優秀賞受賞作家デビュー作!!

ついに石田三成が決起。伏見城を陥とした大谷吉勝は、三法師と呼ばれた「豊臣の子」織田秀信が守る岐阜城で東軍を迎え撃つ。一方、徳川家康は真田の情報封鎖により上杉との戦線を開いてしまう――。吉勝たち「豊臣の子」は百戦錬磨の家康を倒せるのか!?

織田秀信の討死の傷も癒えぬまま、ついに矢矧川を挟んで東西両軍が対峙。一夜城を築く三成ら奉行衆の力に驚きつつ大谷吉勝、真田幸村たち豊臣の子は家康との決戦に向けて準備を進めていく。そのなかで、ひとり小早川秀秋だけが不可解な動きをしていた……。

「関ヶ原群雄伝」の作品情報

レーベル
歴史群像新書
出版社
学研
ジャンル
新書
ページ数
280ページ (関ヶ原群雄伝 1)
配信開始日
2015年1月15日 (関ヶ原群雄伝 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad