電子書籍 真田勇軍記 新書

著者: 伊藤浩士 

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

真田勇軍記 1 あらすじ・内容

関ヶ原の合戦から10年。徳川家の城普請に追われる西国大名の不満は頂点に達していた。その最中、一人の古老が加藤清正を訪れた

関ヶ原の合戦から10年が経ち、家康が進める徳川家の城普請に駆り出される西国大名の不満は頂点に達しようとしていた。そのさなか、加藤清正が俄かに反・家康の動きに出る。その裏には、己の余命を悟った真田昌幸の遠大な策略があり、影の軍師としての幸村があった。

この作品を共有

「真田勇軍記」最新刊

外堀を埋められた大坂城は崩れ落ち、大坂・春の陣は徳川勢勝利で幕を下ろした。一方、黒田長政らを打ち破った真田・加藤勢は九州、西国を統一したが次の一手をあぐねていた。そこに“昌幸死す”の報せと、幸村宛ての遺言が記された密書が届いた!?

「真田勇軍記」作品一覧

(3冊)

各762円 (+税)

まとめてカート

関ヶ原の合戦から10年が経ち、家康が進める徳川家の城普請に駆り出される西国大名の不満は頂点に達しようとしていた。そのさなか、加藤清正が俄かに反・家康の動きに出る。その裏には、己の余命を悟った真田昌幸の遠大な策略があり、影の軍師としての幸村があった。

真田昌幸の計略により加藤清正と家康は、ついに激突。家康は十七万の大軍で大坂城攻めを決行。後藤又兵衛らの奮戦で持ちこたえていた大坂方だが、家康の謀略である講和への対応で分裂し、又兵衛は城を去る。かくして清正と幸村の策略は窮地に陥ることに!?

外堀を埋められた大坂城は崩れ落ち、大坂・春の陣は徳川勢勝利で幕を下ろした。一方、黒田長政らを打ち破った真田・加藤勢は九州、西国を統一したが次の一手をあぐねていた。そこに“昌幸死す”の報せと、幸村宛ての遺言が記された密書が届いた!?

「真田勇軍記」の作品情報

レーベル
歴史群像新書
出版社
学研
ジャンル
新書
ページ数
260ページ (真田勇軍記 1)
配信開始日
2015年1月15日 (真田勇軍記 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad