電子書籍 龍盤七朝 ケルベロス 文芸

著者: 古橋秀之 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

龍盤七朝 ケルベロス 壱 あらすじ・内容

これは、一匹の怪物の物語――

三首四眼五臂六脚、戦場に現れ一軍をも滅ぼすという――これは未だ生まれぬ“怪物を殺す怪物”の物語。不死にして無敵の怪物、覇王ラガンに七国が蹂躙されていた時代、ひとつの街に、三人の半端者が流れ着いた。口八丁のヒョウ使い。突くべき鐘を持たない鐘突き男。亡国の皇姫を名乗る小便餓鬼。奇妙な三人が出会う時――もう一匹の怪物が、凄まじい産声を上げる……!! 奇才・古橋秀之が放つ、乾坤一擲、渾身の中華ファンタジー!

この作品を共有

「龍盤七朝 ケルベロス」最新刊

三首四眼五臂六脚、戦場に現れ一軍をも滅ぼすという――これは未だ生まれぬ“怪物を殺す怪物”の物語。不死にして無敵の怪物、覇王ラガンに七国が蹂躙されていた時代、ひとつの街に、三人の半端者が流れ着いた。口八丁のヒョウ使い。突くべき鐘を持たない鐘突き男。亡国の皇姫を名乗る小便餓鬼。奇妙な三人が出会う時――もう一匹の怪物が、凄まじい産声を上げる……!! 奇才・古橋秀之が放つ、乾坤一擲、渾身の中華ファンタジー!

「龍盤七朝 ケルベロス」の作品情報

レーベル
メディアワークス文庫
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
ジャンル
文芸 日本文学
ページ数
303ページ (龍盤七朝 ケルベロス 壱)
配信開始日
2011年8月31日 (龍盤七朝 ケルベロス 壱)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad