電子書籍 黒崎麻由の瞳に映る美しい世界(ファミ通文庫) ラノベ

著者: 久遠 侑  イラスト: はねこと 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

黒崎麻由の瞳に映る美しい世界 あらすじ・内容

誰よりも純粋で、優しく、孤独な「黒」に、僕は吸い込まれた――。第16回えんため大賞優秀賞受賞作!

高校入学の日から、彼女の異様な大人しさは僕の印象に残った。誰もが気になって仕方ないほどの存在感を持ちながら誰も触れられなかった彼女――黒崎麻由。文化祭の準備の中、僕とのささいな会話をきっかけに、黒崎は少しずつクラスに迎え入れられていくのだけど、彼女には僕たちの知らない影が寄り添っていて……。そんな彼女のそばに、僕はいたいと思った――。えんため大賞優秀賞、美しく危うく脆い二人の「黒」が織り成すドラマティック青春ストーリー。

この作品を共有

「黒崎麻由の瞳に映る美しい世界(ファミ通文庫)」最新刊

文化祭、そしてノギハラとの件を経て、少しずつ変わってきた黒崎。本格的にピアノを習いたいと言う彼女を、僕は入谷市で行われるコンサートに誘うことにした。その奏者である青島未華子さんは、黒崎のお母さん、奏さんの教え子であることがわかり、黒崎との出会いを喜んでくれるのだけど、彼女は黒崎の両親の過去、そして二十年前の事件にも深く関係していたようで――。第16回えんため大賞優秀賞受賞作、ドラマティック青春ストーリー第2巻、登場。

「黒崎麻由の瞳に映る美しい世界(ファミ通文庫)」作品一覧

(2冊)

590円〜610円(+税)

まとめてカート

高校入学の日から、彼女の異様な大人しさは僕の印象に残った。誰もが気になって仕方ないほどの存在感を持ちながら誰も触れられなかった彼女――黒崎麻由。文化祭の準備の中、僕とのささいな会話をきっかけに、黒崎は少しずつクラスに迎え入れられていくのだけど、彼女には僕たちの知らない影が寄り添っていて……。そんな彼女のそばに、僕はいたいと思った――。えんため大賞優秀賞、美しく危うく脆い二人の「黒」が織り成すドラマティック青春ストーリー。

文化祭、そしてノギハラとの件を経て、少しずつ変わってきた黒崎。本格的にピアノを習いたいと言う彼女を、僕は入谷市で行われるコンサートに誘うことにした。その奏者である青島未華子さんは、黒崎のお母さん、奏さんの教え子であることがわかり、黒崎との出会いを喜んでくれるのだけど、彼女は黒崎の両親の過去、そして二十年前の事件にも深く関係していたようで――。第16回えんため大賞優秀賞受賞作、ドラマティック青春ストーリー第2巻、登場。

「黒崎麻由の瞳に映る美しい世界(ファミ通文庫)」の作品情報

レーベル
ファミ通文庫
出版社
KADOKAWA / エンターブレイン
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
335ページ (黒崎麻由の瞳に映る美しい世界)
配信開始日
2015年1月30日 (黒崎麻由の瞳に映る美しい世界)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad