電子書籍 SEを極める50の鉄則(日経BP) 実用

著者: 馬場史郎  日経コンピュータ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

SEを極める50の鉄則 入門編 あらすじ・内容

SE(システムエンジニア)にとって最も大事なことは「しっかりしたSE」になることである。しっかりしてこそ、顧客に喜ばれ、ビジネスに貢献し、そして自分自身の力を伸ばし続けることができる。本書は「しっかりしたSE」になるための考え方とそれを実践する具体策を「50の鉄則」としてまとめたものだ。考え方の鉄則は「任務はビジネスの達成と顧客満足度の向上」「目指すはビジネス常識を持つIT専門家」「迷った時の判断基準、顧客が51、会社が49」といったように、明快だがなかなか難しいものが少なくない。この考え方通りに行動する。

この作品を共有

「SEを極める50の鉄則(日経BP)」最新刊

SE(システムズエンジニア)とSEを部下に持つSEマネジャが、顧客から信頼され、仕事で成果を出せるようになるための鉄則を50件、提案する。
SE向けには「迷った時の判断基準は顧客が51、会社が49」、「多種多様な経験を積みキャリアは自分で作る」など、SEマネジャ向けには「独りでぶらっとお客様を訪問する」「マネジャは使われる立場」など、記憶に残る鉄則が並ぶ。
いずれも顧客との接し方、社内外から協力を得るコツ、部下の力を引き出すやり方を述べたもので、人に関わる重要な鉄則ばかりである。このためITの仕事をするSEとSEマネジャにとどまらず、すべてのエンジニアと技術マネジャに役立つ内容になっている。
著者は「コンピュータからアプリケーション、組織、人まで、色々なシステムに関わって仕事をする、だからシステムズエンジニアだ」と述べている。技術や組織、人をシステムとみなし、そうした様々なシステムを組み合わせて問題を解決し、価値を創造するプロフェッショナルがSEだとすればITの仕事をしている人だけがSEではない。
変化が激しい技術や手法の解説ではないこともあり、本書の鉄則は時代を超えて生き続けてきた。旧版は2000年に発売され、シリーズで10万部が売れ、書店にSE本のコーナーができるきっかけになった。
愛読者の方々から寄せられた「全社員に読ませ続けたい」「後輩に手渡したい」という要望に応え、19年ぶりに新装版を出版する。「この本に出会ったおかげで一人前になれた」と語る長年の愛読者たちによる「本書の読み方・使い方」を巻頭に追記した。

「SEを極める50の鉄則(日経BP)」作品一覧

(3冊)

1,122〜2,090(税込)

まとめてカート

SE(システムエンジニア)にとって最も大事なことは「しっかりしたSE」になることである。しっかりしてこそ、顧客に喜ばれ、ビジネスに貢献し、そして自分自身の力を伸ばし続けることができる。本書は「しっかりしたSE」になるための考え方とそれを実践する具体策を「50の鉄則」としてまとめたものだ。考え方の鉄則は「任務はビジネスの達成と顧客満足度の向上」「目指すはビジネス常識を持つIT専門家」「迷った時の判断基準、顧客が51、会社が49」といったように、明快だがなかなか難しいものが少なくない。この考え方通りに行動する。

日本のIT(情報技術)の要(かなめ)は現場のSEの先輩であり、管理者となる「SEマネジャ」である。SEマネジャが一人ひとりのSEをよく見て、適切な時期に適切な仕事を割り当ててこそ、SEは育ち、顧客に貢献できるようになる。SEを育成し、顧客に満足してもらうために、SEマネジャが考えるべきこと、取り組むべきことを50の鉄則としてまとめあげた。これほど重要な仕事であるにもかかわらず、SEマネジャの心構えや日々の行動について説明した本はこれまでほとんど無かった。そのため「独りでぶらっとお客様を訪問する」「プロジェクトは自分でレビュー」「仕事の価値観を徹底指導」「腹を決めてマルチのジョブアサインを」といった鉄則を実践できるマネジャはまだ多くはない。本書全編がSEマネジャに向けた著者のエールになっており、それを受け止めることができれば、「できるSEマネジャ」を目指せるはずだ。SEマネジャはもちろん、中堅のSEにとっても役に立つ内容が満載されている。

SE(システムズエンジニア)とSEを部下に持つSEマネジャが、顧客から信頼され、仕事で成果を出せるようになるための鉄則を50件、提案する。
SE向けには「迷った時の判断基準は顧客が51、会社が49」、「多種多様な経験を積みキャリアは自分で作る」など、SEマネジャ向けには「独りでぶらっとお客様を訪問する」「マネジャは使われる立場」など、記憶に残る鉄則が並ぶ。
いずれも顧客との接し方、社内外から協力を得るコツ、部下の力を引き出すやり方を述べたもので、人に関わる重要な鉄則ばかりである。このためITの仕事をするSEとSEマネジャにとどまらず、すべてのエンジニアと技術マネジャに役立つ内容になっている。
著者は「コンピュータからアプリケーション、組織、人まで、色々なシステムに関わって仕事をする、だからシステムズエンジニアだ」と述べている。技術や組織、人をシステムとみなし、そうした様々なシステムを組み合わせて問題を解決し、価値を創造するプロフェッショナルがSEだとすればITの仕事をしている人だけがSEではない。
変化が激しい技術や手法の解説ではないこともあり、本書の鉄則は時代を超えて生き続けてきた。旧版は2000年に発売され、シリーズで10万部が売れ、書店にSE本のコーナーができるきっかけになった。
愛読者の方々から寄せられた「全社員に読ませ続けたい」「後輩に手渡したい」という要望に応え、19年ぶりに新装版を出版する。「この本に出会ったおかげで一人前になれた」と語る長年の愛読者たちによる「本書の読み方・使い方」を巻頭に追記した。

「SEを極める50の鉄則(日経BP)」の作品情報

レーベル
――
出版社
日経BP
ジャンル
実用
ページ数
307ページ (SEを極める50の鉄則 入門編)
配信開始日
2015年5月29日 (SEを極める50の鉄則 入門編)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad