電子書籍 鎮魂戦艦大和 実用

著: 吉田満 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

鎮魂戦艦大和(上) あらすじ・内容

世界最大級を誇り、日本の希望の象徴であった戦艦大和は沈んだ。その最期を見届け、奇蹟的な生を得た著者が、艦と運命を共にした三千余名と「大和」の鎮魂の為に書き記した二つの生と死の軌跡。死を覚悟した彼らの悲痛な祈りに、いま我々は耳を傾けねばならない。「臼淵大尉の場合」「祖国と敵国の間」の2作を収載。下巻「戦艦大和ノ最期」。

この作品を共有

「鎮魂戦艦大和」最新刊

昭和20年4月7日、不沈戦艦と世界にその勇名を轟かせた大和が凄惨な攻防の末沈んだ。片道の燃料しか積まぬ特攻出撃であった。掩護機皆無の孤独な闘いの全貌を、緊張感みなぎる格調高い文語体で綴った本篇が、我々に伝える不思議な静寂は一体何なのか……。一つの巨艦いや一つの時代の終焉を描く不朽の叙事詩。講談社版「戦艦大和の最期」とともに、旧仮名・旧漢字の決定稿・北洋社版の2つの版を収録。

「鎮魂戦艦大和」作品一覧

(2冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

世界最大級を誇り、日本の希望の象徴であった戦艦大和は沈んだ。その最期を見届け、奇蹟的な生を得た著者が、艦と運命を共にした三千余名と「大和」の鎮魂の為に書き記した二つの生と死の軌跡。死を覚悟した彼らの悲痛な祈りに、いま我々は耳を傾けねばならない。「臼淵大尉の場合」「祖国と敵国の間」の2作を収載。下巻「戦艦大和ノ最期」。

昭和20年4月7日、不沈戦艦と世界にその勇名を轟かせた大和が凄惨な攻防の末沈んだ。片道の燃料しか積まぬ特攻出撃であった。掩護機皆無の孤独な闘いの全貌を、緊張感みなぎる格調高い文語体で綴った本篇が、我々に伝える不思議な静寂は一体何なのか……。一つの巨艦いや一つの時代の終焉を描く不朽の叙事詩。講談社版「戦艦大和の最期」とともに、旧仮名・旧漢字の決定稿・北洋社版の2つの版を収録。

「鎮魂戦艦大和」の作品情報

レーベル
講談社文庫
出版社
講談社
ジャンル
実用 日本文学 戦記
ページ数
309ページ (鎮魂戦艦大和(上))
配信開始日
2015年1月23日 (鎮魂戦艦大和(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad