電子書籍 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文 実用

著: 伊賀泰代 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

マッキンゼー流最強チームのつくり方 あらすじ・内容

「プロフェッショナル・ファーム」を標榜するマッキンゼーは、業務ごとにチームを形成する。そして組織内でチームを形成する仕組みは、市場モデルを用いている。つまり、クライアント・ワークごとに最適なメンバーが集められるのだ。この仕組みを支えるのは、個々の人材の特性であろう。その採用基準は、論理的な思考ができる頭脳明晰さというより、リーダーシップの総量だという。そしてチームのメンバーすべてがリーダーシップを発揮することを求めるのがマッキンゼー流である。そこには、リーダーとフォロアーの違いはほとんどない。マッキンゼーの元採用マネジャーで『採用基準』の著者が最強チームのつくり方を明かす。【主な項目】・チーム・システムによって運営される組織・すべての人事プロセスで問われるチーム意識・社内労働市場によって組成されるクライアント・チーム・インターナル・チームの役割・最強チームの条件1:コンフリクトを恐れない活発な議論が行える条件が整っていること・最強チームの条件2:メンバー全員がリーダーシップを持っていること

この作品を共有

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」最新巻

グローバル化やテクノロジーの進展、さらにはAI(人工知能)やロボットにより労働市場は大きく揺れ動いてきた。そんな環境にあってジェフリー・ジョレスはマンパワーグループのCEOとして、15年間にわたり、海外事業の拡大や専門職市場への参入など、その変化に対応してきた。いまはマンパワーを離れ、投資家として活動するジョレスだが、今日の労働市場を見据え、人材プールの獲得がいまや優位にならないこと、ロボットによる雇用の混乱が予想されること、これから必要になるスキルが必ずしも明確になっていないことなどを説いたうえで、企業の取るべき人材戦略について示唆する。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年7月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」作品一覧

(324冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

「プロフェッショナル・ファーム」を標榜するマッキンゼーは、業務ごとにチームを形成する。そして組織内でチームを形成する仕組みは、市場モデルを用いている。つまり、クライアント・ワークごとに最適なメンバーが集められるのだ。この仕組みを支えるのは、個々の人材の特性であろう。その採用基準は、論理的な思考ができる頭脳明晰さというより、リーダーシップの総量だという。そしてチームのメンバーすべてがリーダーシップを発揮することを求めるのがマッキンゼー流である。そこには、リーダーとフォロアーの違いはほとんどない。マッキンゼーの元採用マネジャーで『採用基準』の著者が最強チームのつくり方を明かす。【主な項目】・チーム・システムによって運営される組織・すべての人事プロセスで問われるチーム意識・社内労働市場によって組成されるクライアント・チーム・インターナル・チームの役割・最強チームの条件1:コンフリクトを恐れない活発な議論が行える条件が整っていること・最強チームの条件2:メンバー全員がリーダーシップを持っていること

『ワーク・シフト』で描かれた未来では、企業と従業員との関係は、根本から変わる。その時、企業には何が求められているのか。また私たち一人ひとりは個人として何を意識して働いていくべきか。著者リンダ・グラットン教授は、自分にとって価値ある仕事を見つけることが最も大切だと説く。【おもな項目】●働き方の変化に対する「備え」はできているか●ヨーロッパで先行する組織の多様性マネジメント●これからのリーダーは弱みや欠点をさらけ出す●自分にとって価値ある仕事なら80歳でも成長できる*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2013年5月号)』の論文を 電子書籍化したものです。

日常生活からビジネスに至るまで、多くの人に求められる決断力。特に経営者においては、意思決定がその企業の命運を左右するほど重要であり、優柔不断であることは許されない。不確実性が増し、環境が頻繁に変化する時代にあって、より素早い意思決定が求められていることを困難に感じる経営者は多い。しかしながら、ビジネスにおける意思決定はけっして難しいものではない、と出口治明氏は説く。素早い意思決定は集中力を磨くことで生まれ、よい意思決定は「自分自身」「歴史」「周囲の人間」という3つの鏡をよく見ることによって生まれるという。戦後初の独立系生命保険会社を設立し、即断即決を実践してきた経営者が、意思決定の要素を分解し、何が必要とされるのかを語った。*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2014年3月号)』に掲載された論文を電子書籍化したものです。

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」の作品情報

レーベル
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
出版社
ダイヤモンド社
ジャンル
実用 ビジネス
ページ数
31ページ (マッキンゼー流最強チームのつくり方)
配信開始日
2015年1月20日 (マッキンゼー流最強チームのつくり方)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad