電子書籍 若さま同心 徳川竜之助 文芸・小説

完結
著者: 風野真知雄 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

若さま同心 徳川竜之助 : 1 消えた十手 あらすじ・内容

南町奉行・小栗忠順の計らいで通常考えられないことが……。市井の人々に接し、磨いた剣の腕で悪を懲らしめたい一心で、御三卿・田安徳川家の十一男、徳川竜之助が定町回り同心見習いへ。小銀杏髷、着流しに羽織の颯爽とした竜之助だが、若さま育ちのせいか、やることはどこかトンチンカン。先輩同心に邪魔者扱いされながらも事件を解決していく。書き下ろし長編時代小説シリーズ第一弾。

この作品を共有

「若さま同心 徳川竜之助」最新刊

徳川竜之助が封印を解いた風鳴の剣は、弱き者のために遣う剣である。だが、もう一つの秘剣の遣い手である徳川宗秋は、雷鳴の剣と雌雄を決するため、戦いを迷う竜之助に罠を仕掛けてきた。田安家の御曹司という身分も知られ、戦わざるを得なくなった竜之助。ついに、将軍家の秘剣にまつわる謎が明らかになる。第一シリーズ最終巻

「若さま同心 徳川竜之助」作品一覧

(13冊)

400円〜460円(+税)

まとめてカート

南町奉行・小栗忠順の計らいで通常考えられないことが……。市井の人々に接し、磨いた剣の腕で悪を懲らしめたい一心で、御三卿・田安徳川家の十一男、徳川竜之助が定町回り同心見習いへ。小銀杏髷、着流しに羽織の颯爽とした竜之助だが、若さま育ちのせいか、やることはどこかトンチンカン。先輩同心に邪魔者扱いされながらも事件を解決していく。書き下ろし長編時代小説シリーズ第一弾。

見習い同心の暮らしにもようやく慣れた御三卿・田安徳川家の十一男の徳川竜之助。自由な市井の生活を満喫していたが、八丁堀近くにある湯屋で老人が刺し殺されるという事件が起きた。下手人の探索をまかされた竜之助は、難事件の謎に迫る。丁度その頃、新陰流の正統は吾にありと、葵新陰流の真髄を受け継ぐ竜之助を斬れとの藩命を受けた肥後細川藩の刺客三人が、江戸に来ていた。好評シリーズ第二弾。

次々と起きる江戸の怪事件。玩具のような弓矢で娘が殺され、大きな岩が空を飛んできた!? 日々、奔走する徳川竜之助だが、偶然、やさしげな中年の女性と知り合った。その人は、ときおりお濠端に立ち、田安の屋敷のほうを見つめていたという。母なのではないか……。一方、新陰流の正統をめぐって、ついに柳生の里の刺客が竜之助に襲いかかった! 大好評シリーズ第三弾。

「若さま同心 徳川竜之助」の作品情報

レーベル
双葉文庫
出版社
双葉社
ジャンル
文芸・小説 完結 時代小説
ページ数
231ページ (若さま同心 徳川竜之助 : 1 消えた十手)
配信開始日
2015年1月23日 (若さま同心 徳川竜之助 : 1 消えた十手)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad