電子書籍 巌流小次郎 マンガ

完結
著: 鍋田吉郎  著: 原恵一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

巌流小次郎 1巻 あらすじ・内容

巌流島での宮本武蔵との決闘に敗れ去ったはずの佐々木小次郎。だが、武蔵の一撃を見切った小次郎は、死んでいなかったのである・・。

慶長17年4月、舟島において宮本武蔵との決闘に敗れた佐々木小次郎は、記憶を失ったが生きていた!行方不明となった小次郎は幼馴染の上村新吉と共に、二人の故郷、越前浄教幸村へと向かうが、刺客が立ち塞がる。その小次郎の前に、関ヶ原の合戦で西軍につくも敗れ、八丈島に流された大名・宇喜多秀家が現れ、剣の腕を借りたいと・・。

この作品を共有
  

「巌流小次郎」最新刊

宇喜多秀家が討ちたい男、それは関ヶ原の合戦で最後の最後に秀家を裏切った小大名・脇田安治。脇田を討った秀家と小次郎は、民衆を苦しめる為政者たちを退治する旅に出る。天下取りという壮大な夢の実現に向かう小次郎や秀家の存在を知った徳川家康は、柳生新陰流を究めた剣士・白河京介を刺客とし、二人を倒すため土佐へと・・。

「巌流小次郎」作品一覧

(2冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

慶長17年4月、舟島において宮本武蔵との決闘に敗れた佐々木小次郎は、記憶を失ったが生きていた!行方不明となった小次郎は幼馴染の上村新吉と共に、二人の故郷、越前浄教幸村へと向かうが、刺客が立ち塞がる。その小次郎の前に、関ヶ原の合戦で西軍につくも敗れ、八丈島に流された大名・宇喜多秀家が現れ、剣の腕を借りたいと・・。

宇喜多秀家が討ちたい男、それは関ヶ原の合戦で最後の最後に秀家を裏切った小大名・脇田安治。脇田を討った秀家と小次郎は、民衆を苦しめる為政者たちを退治する旅に出る。天下取りという壮大な夢の実現に向かう小次郎や秀家の存在を知った徳川家康は、柳生新陰流を究めた剣士・白河京介を刺客とし、二人を倒すため土佐へと・・。

「巌流小次郎」の作品情報

レーベル
Benjanet
出版社
Benjanet
ジャンル
マンガ 男性向け 完結
ページ数
273ページ (巌流小次郎 1巻)
配信開始日
2015年1月29日 (巌流小次郎 1巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad