電子書籍 開化将棋異聞 ヤンケの香介 マンガ

完結
著: 村祭まこと 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

開化将棋異聞 ヤンケの香介 (1) あらすじ・内容

今は遠き明治の世、“真剣師”と呼ばれる将棋に命を賭ける男たちがいた――。小柄な体格のため、相撲部屋の弟子入りを断わられた駒田香介(こまだ・きょうすけ)。しかし、彼には誰にも負けたことのない将棋の腕があった! 東京に敵はいないと天狗になっていた香介は、十二世名人・小野五平の弟子、綾小路氷吾(あやのこうじ・ひょうご)との対局で初めての敗北を喫する。その後も真剣師・能面の政(まさ)、文士・幸田露伴(こうだ・ろはん)らとの対局で敗北を重ね、プライドはズタズタにされる。そんな香介を世話したのは早指しのお龍(りゅう)とよばれる女真剣師だった……。流星のように駆け抜けた“ヤンケの香介”の物語が、今、始まる! ※毎日コミュニケーションズ刊行のコミックス第1巻を分冊しております。

この作品を共有
  

「開化将棋異聞 ヤンケの香介」最新刊

安房、高知と遍歴を重ねる香介は、各地の真剣師を打ち負かす若き真剣師宗玉(そうぎょく)の噂を聞く。宗玉を追い、火の国熊本に赴いた香介は、そこで宗玉=宿敵・陸奥宗銀(むつ・そうぎん)と知る。変貌するほどの苛烈な修行をしてきた宗銀と相対し、日本中を旅し、多くの人間との関わりで大きく育った香介の将棋がついに花開く。将棋に命をかけた真剣師の物語がここに完結する! ※毎日コミュニケーションズ刊行のコミックス第4巻を分冊しております。

「開化将棋異聞 ヤンケの香介」作品一覧

(8冊)

各300円 (+税)

まとめてカート

今は遠き明治の世、“真剣師”と呼ばれる将棋に命を賭ける男たちがいた――。小柄な体格のため、相撲部屋の弟子入りを断わられた駒田香介(こまだ・きょうすけ)。しかし、彼には誰にも負けたことのない将棋の腕があった! 東京に敵はいないと天狗になっていた香介は、十二世名人・小野五平の弟子、綾小路氷吾(あやのこうじ・ひょうご)との対局で初めての敗北を喫する。その後も真剣師・能面の政(まさ)、文士・幸田露伴(こうだ・ろはん)らとの対局で敗北を重ね、プライドはズタズタにされる。そんな香介を世話したのは早指しのお龍(りゅう)とよばれる女真剣師だった……。流星のように駆け抜けた“ヤンケの香介”の物語が、今、始まる! ※毎日コミュニケーションズ刊行のコミックス第1巻を分冊しております。

女真剣師・お龍(りゅう)との修行で、将棋指しとして人間として一回り大きくなった香介。綾小路氷吾(あやのこうじ・ひょうご)、松平慎之介(まつだいら・しんのすけ)らライバルと再戦し、雪辱を果たしたもののなぜか心は晴れない。そんな折、“浅草の仙人”と呼ばれる、将棋に滅法強い風変わりな老人に出会う。香介は彼に導かれるまま旅立ち、横浜での外国人相手のチェス勝負を皮切りに箱根、静岡と強い将棋指しを求め西へ西へと旅を続ける……。 ※毎日コミュニケーションズ刊行のコミックス第1巻を分冊しております。

名古屋での、王将・阪田三吉(さかた・さんきち)との出会いは、また一回り香介を大きくした。京都では名誉名人・小菅剣之介(こすげ・けんのすけ)と、初恋の人によく似た舞妓の雛菊(ひなぎく)に出会う。2人は心を通い合わせ、将棋と同じくらい愛するものを見つけた香介は、雛菊の「将棋を捨てて」という言葉にひどく悩むが……。その頃、東京では大道棋士と名人棋士の争いが深まりつつあった。 ※毎日コミュニケーションズ刊行のコミックス第2巻を分冊しております。

「開化将棋異聞 ヤンケの香介」の作品情報

レーベル
――
出版社
eBookJapan Plus
ジャンル
マンガ 完結 男性向け ビジネス 少年マンガ
ページ数
244ページ (開化将棋異聞 ヤンケの香介 (1))
配信開始日
2015年1月30日 (開化将棋異聞 ヤンケの香介 (1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad