電子書籍 「竜と祭礼」シリーズ(GA文庫) ラノベ

著者: 筑紫一明  イラストレーター: Enji 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

179ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から― あらすじ・内容

魔法杖と、消えた竜。その心臓を探し出せ。

「この杖、直してもらいます!」
半人前の魔法杖職人であるイクスは、師の遺言により、ユーイという少女の杖を修理することになる。
魔法の杖は、持ち主に合わせて作られるため千差万別。とくに伝説の職人であった師匠が手がけたユーイの杖は特別で、見たこともない材料で作られていた。
未知の素材に悪戦苦闘するイクスだったが、ユーイや姉弟子のモルナたちの助けを借り、なんとか破損していた芯材の特定に成功する。それは、竜の心臓。しかし、この世界で、竜は1000年以上前に絶滅していた――。
定められた修理期限は夏の終わりまで。一本の杖をめぐり、失われた竜を求める物語が始まる。

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

この作品を共有

「「竜と祭礼」シリーズ(GA文庫)」最新刊

「この杖、直してもらいます!」
半人前の魔法杖職人であるイクスは、師の遺言により、ユーイという少女の杖を修理することになる。
魔法の杖は、持ち主に合わせて作られるため千差万別。とくに伝説の職人であった師匠が手がけたユーイの杖は特別で、見たこともない材料で作られていた。
未知の素材に悪戦苦闘するイクスだったが、ユーイや姉弟子のモルナたちの助けを借り、なんとか破損していた芯材の特定に成功する。それは、竜の心臓。しかし、この世界で、竜は1000年以上前に絶滅していた――。
定められた修理期限は夏の終わりまで。一本の杖をめぐり、失われた竜を求める物語が始まる。

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

「「竜と祭礼」シリーズ(GA文庫)」の作品情報

レーベル
GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
331ページ (竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から―)
配信開始日
2020年1月11日 (竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad