電子書籍 アンゴルモア 元寇合戦記(角川コミックス・エース) マンガ

著者: たかぎ 七彦 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

アンゴルモア 元寇合戦記(1) あらすじ・内容

恐怖の大王は海からやって来た!元寇を描く歴史ロマン!

中世ヨーロッパを席巻し、恐怖の大王=アンゴルモアの語源との説もあるモンゴル軍。1274年、彼らは遂に日本にやって来た!博多への針路に浮かぶ対馬。流人である鎌倉武士・朽井迅三郎は、ここで元軍と対峙する!

この作品を共有
  

「アンゴルモア 元寇合戦記(角川コミックス・エース)」最新巻

モンゴル帝国と日本に挟まれた高麗国。フビライが統治する巨大帝国の支配圏の中で、国の存亡を担った若き高麗王の葛藤とは!?重層的な視点から語られる“対馬の元寇”、いよいよ最終局面へ!

「アンゴルモア 元寇合戦記(角川コミックス・エース)」作品一覧

(8冊)

各580円 (+税)

まとめてカート

中世ヨーロッパを席巻し、恐怖の大王=アンゴルモアの語源との説もあるモンゴル軍。1274年、彼らは遂に日本にやって来た!博多への針路に浮かぶ対馬。流人である鎌倉武士・朽井迅三郎は、ここで元軍と対峙する!

博多への途上に浮かぶ対馬に、蒙古の先鋒部隊が上陸を開始する!見たこともない炸裂弾。馴染みのない集団戦法。朽井迅三郎は、海を越えてやって来た未知の敵に、どう立ち向かうのか?いよいよ両軍激突!

対馬に陸続と上陸する蒙古軍に一矢報いるため、夜襲を仕掛けた対馬軍!だが、女真族出身の征東軍副元帥・劉復亨が驚異的な戦闘力で迎え撃つ!身内の裏切りもあり苦境に立つ朽井!危機を脱することができるのか!?

「アンゴルモア 元寇合戦記(角川コミックス・エース)」のおすすめコメント

アンゴルモア 元寇合戦記(1) コミタンM(BOOK☆WALKER スタッフ)

登録日:2016/03/04/p>

血沸き肉躍る合戦絵巻!

ノストラダムスの予言に記されたアンゴルモア大王が、モンゴル帝国だという説があることを、このマンガではじめて知りました。 どうしても戦国時代や幕末に寄る傾向のある歴史コミックですが、最近は源平合戦に題を取ったかわぐちかいじの『ジパング 深蒼海流』や、安彦良和の一連の古代モノなど、マイナーな時代をテーマにした作品も増えつつあります。 そんな中、当時の世界帝国と戦った大規模な戦争でありながら、これまで取り上げられることの少なかった、元寇を主題としたマンガが登場しました。 ちゃんとストラテジーを重視した、理知的な戦記物好きにはたまらない本作ですが、泣きボクロがかわいいヒロインの輝日姫もしっかり萌え萌えなので、そっち方面のケアもバッチリです。

「アンゴルモア 元寇合戦記(角川コミックス・エース)」のおすすめ情報

「アンゴルモア 元寇合戦記(角川コミックス・エース)」の作品情報

レーベル
角川コミックス・エース
出版社
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ 少年マンガ 歴史
ページ数
199ページ (アンゴルモア 元寇合戦記(1))
配信開始日
2015年2月10日 (アンゴルモア 元寇合戦記(1))
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad