電子書籍 『才能の器』で目指す迷宮最深部 スキル横伸ばしのはずが、万能チートだった! ラノベ

著: とんび 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

58ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

『才能の器』で目指す迷宮最深部 スキル横伸ばしのはずが、万能チートだった! あらすじ・内容

第7回ネット小説大賞『金賞』受賞作にして、日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」で総合日間ランキング1位を獲得した人気作。突然、異世界で目を覚ました斎藤遼は、迷宮に関わる知識とともに『才能の器』という能力を与えられる。『才能の器』は、斥候スキルに鑑定、看破、さらに理力・神聖・魂魄の魔法三技能など、あらゆるスキルを習得できる多技能チートだった! なぜ自分は能力を得て、この世界に転移したのか。その手がかりを求めて、遼は迷宮を目指す――。大人気スキル迷宮ファンタジーに、書き下ろし短編も特別収録され、ファンにとってうれしい一冊。

この作品を共有

「『才能の器』で目指す迷宮最深部 スキル横伸ばしのはずが、万能チートだった!」最新刊

第7回ネット小説大賞『金賞』受賞作にして、日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」で総合日間ランキング1位を獲得した人気作。突然、異世界で目を覚ました斎藤遼は、迷宮に関わる知識とともに『才能の器』という能力を与えられる。『才能の器』は、斥候スキルに鑑定、看破、さらに理力・神聖・魂魄の魔法三技能など、あらゆるスキルを習得できる多技能チートだった! なぜ自分は能力を得て、この世界に転移したのか。その手がかりを求めて、遼は迷宮を目指す――。大人気スキル迷宮ファンタジーに、書き下ろし短編も特別収録され、ファンにとってうれしい一冊。

「『才能の器』で目指す迷宮最深部 スキル横伸ばしのはずが、万能チートだった!」の作品情報

レーベル
――
出版社
宝島社
ジャンル
ライトノベル 異世界系作品
ページ数
293ページ (『才能の器』で目指す迷宮最深部 スキル横伸ばしのはずが、万能チートだった!)
配信開始日
2020年2月10日 (『才能の器』で目指す迷宮最深部 スキル横伸ばしのはずが、万能チートだった!)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad