電子書籍 猫侍 文芸

著: 森川秀樹  原案: 永森裕ニ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

劇場版 猫侍 あらすじ・内容

人は斬れども、猫は斬れず。不器用な剣豪と白猫がおりなす、笑いと涙の幕末喜劇。【あらすじ】猫を、斬って欲しい──百人斬りと噂される浪人、斑目久太郎は奇妙な依頼を受ける。依頼主は犬派である組の若頭。対立する猫派の組の白猫、玉之丞が御奉行の猫と縁組することになった為、それを阻止してもらいたいという。蓄えの心許ない久太郎は、渋りながらも暗殺に赴く。しかし、玉之丞を前にどうしても刀を振り下ろすことができず……。

この作品を共有

「猫侍」最新刊

人は斬れども、猫は斬れず。不器用な剣豪と白猫がおりなす、笑いと涙の幕末喜劇。【あらすじ】自分の心持ちが玉之丞によって変化しているのを感じる久太郎。そんな日々の中、久太郎はかつての好敵手、内藤と八百長試合をすれば仕官の仕事をやると持ちかけられていた。侍として断るべきか、家族のため誇りを手放すか。久太郎が悩む一方で、佐吉も騙されていたことを知り再度の玉之丞殺しと久太郎への復讐を他の侍に頼んでいた。武士になって家族を呼ぶという“夢"と今危機にある玉之丞の“命"。久太郎はどちらを選ぶのか──。

「猫侍」作品一覧

(3冊)

各550円 (+税)

まとめてカート

人は斬れども、猫は斬れず。不器用な剣豪と白猫がおりなす、笑いと涙の幕末喜劇。【あらすじ】猫を、斬って欲しい──百人斬りと噂される浪人、斑目久太郎は奇妙な依頼を受ける。依頼主は犬派である組の若頭。対立する猫派の組の白猫、玉之丞が御奉行の猫と縁組することになった為、それを阻止してもらいたいという。蓄えの心許ない久太郎は、渋りながらも暗殺に赴く。しかし、玉之丞を前にどうしても刀を振り下ろすことができず……。

人は斬れども、猫は斬れず。不器用な剣豪と白猫がおりなす、笑いと涙の幕末喜劇。【あらすじ】元・加賀藩剣術指南役、斑目久太郎。かつて「まだら鬼」と恐れられていた剣客は、貧乏浪人として長屋でひとり静かに暮らしている。ある日、呉服問屋の番頭・佐吉から主人を虜にしている白猫『玉之丞』の暗殺を依頼されるが、化け猫と聞いたその猫はたいへんに愛らしく、斬り殺すことができずに連れ帰ってしまう。斬り殺したと嘘をつき、玉之丞と暮らしはじめる久太郎だが、初めての猫との暮らしは案外に大変で……。

人は斬れども、猫は斬れず。不器用な剣豪と白猫がおりなす、笑いと涙の幕末喜劇。【あらすじ】自分の心持ちが玉之丞によって変化しているのを感じる久太郎。そんな日々の中、久太郎はかつての好敵手、内藤と八百長試合をすれば仕官の仕事をやると持ちかけられていた。侍として断るべきか、家族のため誇りを手放すか。久太郎が悩む一方で、佐吉も騙されていたことを知り再度の玉之丞殺しと久太郎への復讐を他の侍に頼んでいた。武士になって家族を呼ぶという“夢"と今危機にある玉之丞の“命"。久太郎はどちらを選ぶのか──。

「猫侍」の作品情報

レーベル
TO文庫
出版社
TOブックス
ジャンル
文芸 アニメ化・実写化 映画 2014年映画化 時代小説 歴史
ページ数
232ページ (劇場版 猫侍)
配信開始日
2015年2月27日 (劇場版 猫侍)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad