電子書籍 暴れ旗本八代目 文芸・小説

著者: 井川香四郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

暴れ旗本八代目 けんか凧 あらすじ・内容

融通の利かない無骨な武門として幕閣に煙たがられている、三河以来の“かみなり”旗本大河内家。今日も切腹覚悟で諫言に及ぶ大目付の父政盛と、毎日ぶらぶらと瓢箪様(ひょうたんよう)の一粒種右京が怒りの太刀を一閃、江戸の悪人どもを大掃除する。痛快悪人退治劇!

この作品を共有

「暴れ旗本八代目」最新刊

三河以来の旗本大河内家の親子が、
江戸の悪人どもを大掃除する!
書下し長篇時代活劇。

江戸城内で、老中の息子で若年寄の田沼意知が暗殺された。
幕閣が動揺する中、ある日南北両町奉行所に「江戸市中の井戸に毒を撒く」という脅迫状が届く。
右京は父、政盛の命で犯人を探索するが難航し…。
権勢に翳りが見え始めた老中・田沼意次の悪足掻きか、それとも新たな敵の出現か?
この窮状に、右京はどう立ち向かうのか?
ついにシリーズ完結!

「暴れ旗本八代目」作品一覧

(12冊)

649〜692(税込)

まとめてカート

融通の利かない無骨な武門として幕閣に煙たがられている、三河以来の“かみなり”旗本大河内家。今日も切腹覚悟で諫言に及ぶ大目付の父政盛と、毎日ぶらぶらと瓢箪様(ひょうたんよう)の一粒種右京が怒りの太刀を一閃、江戸の悪人どもを大掃除する。痛快悪人退治劇!

棄捐令を批判した廉で捕らえた御家人牛尾秀馬の身辺を探れと、田沼に命じられた大目付の大河内政盛。島送りは解せぬと調べ直しを父に迫る、牛尾と肝胆相照らす仲の右京。カミナリ親父とひょうたん息子が、闇に蠢く大悪を一刀両断する! シリーズ第二弾。

二万石ではありえぬほど巨額の賄(まいない)を持参した肥前箕浦藩主・佐宗直虎(さそうなおとら)に不審を覚えた田沼から、探りを入れろと命じられた大目付の“かみなり旗本”政盛。ところが、ひょうたん息子の右京は、箕浦藩より財務に請われている宰我(さいが)と知り合いで……。傑作時代活劇第三弾。

「暴れ旗本八代目」の作品情報

レーベル
徳間文庫
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
258ページ (暴れ旗本八代目 けんか凧)
配信開始日
2015年3月13日 (暴れ旗本八代目 けんか凧)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad