電子書籍 極楽安兵衛剣酔記 文芸・小説

著者: 鳥羽亮 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

極楽安兵衛剣酔記 あらすじ・内容

子持ちの女将が切り盛りする料理屋に居候の安兵衛は、実は旗本の三男坊。気ままな暮らしぶりから、極楽とんぼと呼ばれているが、ひとたび剣を抜けば、遣い手に。義理人情に厚く、嫌と言えない安兵衛は、毎度持ち込まれる難題に奔走して……。人情溢れる時代小説。

この作品を共有

「極楽安兵衛剣酔記」最新刊

大川端で辻斬り事件が頻発していた。被害に遭うのは御家人ばかり。剛剣の遣い手とみられた。安兵衛は御目付の兄から呼び出しを受け、下手人が幕臣らしいと聞かされる。町方に捕らえられては、お上の威光に傷がつくばかりか目付筋の面目を失う。先に始末せよとの命が下った。一方、辻斬り現場から下手人を尾けるふたりの町人がいた。酷薄で残忍そうな町人の企みとは……傑作剣戟小説。

「極楽安兵衛剣酔記」作品一覧

(11冊)

571円〜630円(+税)

まとめてカート

子持ちの女将が切り盛りする料理屋に居候の安兵衛は、実は旗本の三男坊。気ままな暮らしぶりから、極楽とんぼと呼ばれているが、ひとたび剣を抜けば、遣い手に。義理人情に厚く、嫌と言えない安兵衛は、毎度持ち込まれる難題に奔走して……。人情溢れる時代小説。

安兵衛の酒飲み仲間で、小普請の旗本が殺された。定廻りによれば、ちかごろ大川端に出た辻斬りと同じ手口だという。その後、なぜか安兵衛は町方に尾けられることに。しかも妙なことに、知り合いの八卦見、笑月斎も尾けられているらしく……。人気時代活劇第二弾。

玄次は、商い途中に出くわした検屍の場で、地まわり風の男に目をとめた。岡っ引きを勤めていたときに救ってやった女と、一昨日、逢い引きしていた男だった。その頃、安兵衛の許には、老舗の庖丁人が殺されたという報せが舞い込んできた……。剣は強いが気ままな暮らしを続ける旗本の三男坊・安兵衛は、今日も義理人情のため、江戸の町を奔走する! シリーズ第三弾。

「極楽安兵衛剣酔記」の作品情報

レーベル
徳間文庫
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
216ページ (極楽安兵衛剣酔記)
配信開始日
2015年2月20日 (極楽安兵衛剣酔記)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad