電子書籍 横浜市警第3分署 文芸・小説

著者: 北國浩二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

横浜市警第3分署 ヘブンズスラム あらすじ・内容

県警の相次ぐ不祥事で警察への信頼が揺らぐなか、横浜市長は「犯罪のないクリーンな国際都市」を旗印に、地域密着型の自治体警察を復活させた。治安の悪い危険なエリア天国区は別名〈ヘブンズスラム〉と呼ばれ、貧困と暴力に支配されている。管轄するのは横浜市警第3分署。殉職率の高さと地名をかけて、ここへの異動は刑事たちの間で「天国行き」と囁かれていた。警察小説、堂々開幕!

この作品を共有

「横浜市警第3分署」最新刊

天国区(ヘブンズスラム)のデイサービス施設で、宿直員の若者一名と利用者の老人二名の死体が発見された。三人とも、刃物でメッタ刺しという惨状。横浜市警第3分署の杉山と鳴海が捜査にあたることとなった。やがて被害者たちがそれぞれ抱える問題や家庭の事情が浮き彫りになる。彼らに共通する接点は? 攪乱のための猟奇殺人と指摘する署員もあらわれ……。注目の警察小説、血に染まった第二弾![解説/杉江松恋]

「横浜市警第3分署」作品一覧

(2冊)

620円〜640円(+税)

まとめてカート

県警の相次ぐ不祥事で警察への信頼が揺らぐなか、横浜市長は「犯罪のないクリーンな国際都市」を旗印に、地域密着型の自治体警察を復活させた。治安の悪い危険なエリア天国区は別名〈ヘブンズスラム〉と呼ばれ、貧困と暴力に支配されている。管轄するのは横浜市警第3分署。殉職率の高さと地名をかけて、ここへの異動は刑事たちの間で「天国行き」と囁かれていた。警察小説、堂々開幕!

天国区(ヘブンズスラム)のデイサービス施設で、宿直員の若者一名と利用者の老人二名の死体が発見された。三人とも、刃物でメッタ刺しという惨状。横浜市警第3分署の杉山と鳴海が捜査にあたることとなった。やがて被害者たちがそれぞれ抱える問題や家庭の事情が浮き彫りになる。彼らに共通する接点は? 攪乱のための猟奇殺人と指摘する署員もあらわれ……。注目の警察小説、血に染まった第二弾![解説/杉江松恋]

「横浜市警第3分署」の作品情報

レーベル
徳間文庫
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸・小説 警察・刑事もの 冒険小説・ハードボイルド
ページ数
217ページ (横浜市警第3分署 ヘブンズスラム)
配信開始日
2015年2月27日 (横浜市警第3分署 ヘブンズスラム)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad