電子書籍 青春の源流(角川文庫) 文芸・小説

著者: 森村誠一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

青春の源流 (一) 源流篇 あらすじ・内容

山を愛する二人の男の30余年を描く、青春の本質を問いかける大河ロマン!

昭和18年秋。逢坂慎吉と楯岡正巳は「最後の山行」を敢行した。戦局は苛烈を極め、12月入営を控えた寸暇を惜しんでの登山であった。北アルプスを縦走して山を下りた二人の胸中には、途中立寄った山荘の娘・日暮美穂の「卑怯をしても帰ってきてほしい」という言葉が、重く響いていた――。希望に燃え、山を愛した二人の若者の、戦争に翻弄される鮮烈な運命は!?

この作品を共有

「青春の源流(角川文庫)」最新刊

宿願のヒマラヤ未踏峰征服に挑んだ逢坂慎吉は、遭難した別の登山隊の救助に向ったまま、吹き荒れる風雪の中で消息を絶った。その5年後、総力をあげたアメリカの軍事介入にもかかわらず、遂にベトナム戦争は「北」側の全面勝利で終結した。異郷で「解放」のため戦ってきた楯岡正巳は、生き残った隊員と共に美穂の待つ日本への生還を果たす。学徒動員で出征して以来、実に32年ぶりの祖国であった。戦争に翻弄されながらも懸命に運命に立ち向う痛切な青春のドラマが完結!

「青春の源流(角川文庫)」作品一覧

(4冊)

660〜704(税込)

まとめてカート

昭和18年秋。逢坂慎吉と楯岡正巳は「最後の山行」を敢行した。戦局は苛烈を極め、12月入営を控えた寸暇を惜しんでの登山であった。北アルプスを縦走して山を下りた二人の胸中には、途中立寄った山荘の娘・日暮美穂の「卑怯をしても帰ってきてほしい」という言葉が、重く響いていた――。希望に燃え、山を愛した二人の若者の、戦争に翻弄される鮮烈な運命は!?

戦争は、二人の若者の運命を大きく変えた――。ベトナムで敗戦を知った楯岡正巳は、独立戦争を闘うベトミン軍に部下と共に加わる。特命暗殺部隊を率い、時折望郷の思いに胸を痛めながら、明日なき戦いに明け暮れていた。一方、山中に潜み敗戦を迎えた逢坂慎吉は、日暮山荘の娘・美穂と結婚し、北アルプスの秘境・雲ノ平開発に乗り出すが、やがて取り憑かれたようにヒマラヤ行きに情熱を傾け始め……!?

第2次世界大戦終結から10余年。アメリカの介入で再び泥沼化したベトナムで、楯岡正巳はひきつづき南北統一のため「北」の一員として武力闘争の指揮をとることを決意し「南」へ潜入する。一方、雲ノ平開発に区切りをつけ「ヒマラヤ行き」に情熱を傾けていた逢坂慎吉は不参加を余儀なくされた計画の失敗で、さらに自らのヒマラヤ行きへの思いを募らせる。そしてそのことが妻・美穂との間に横たわる青春の幻影を膨ませていくことに――。

「青春の源流(角川文庫)」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
378ページ (青春の源流 (一) 源流篇)
配信開始日
2015年3月10日 (青春の源流 (一) 源流篇)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad