電子書籍 犬とハサミは使いようDog Ears ラノベ

著者: 更伊俊介  イラスト: 鍋島テツヒロ 
みんなの★
4.7

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

犬とハサミは使いよう Dog Ears 1 あらすじ・内容

犬になって蘇った本バカ少年と、ハサミが凶器のドS女、実は人気作家・秋山忍こと夏野霧姫が繰り広げるミステリ系不条理コメディ!! 待望の短編集第1弾!!

強盗に殺され犬になって蘇った俺。でも本は読めるので無問題。大人気作家秋山忍こと夏野霧姫の飼い犬として、読書三昧な毎日を送っているのだが--何!? 本田書店が潰れるだと? 本が、本が買えなくなる……!? 『雨降って犬固まる』、忽然と消えた夏野のブラジャー。え、ブラ? 覆うほど胸は無いよね……って待て、分かった探すの手伝う! だからハサミはヤメテお願い!! 『犬も鳴かずば撃たれまい』他、俺を襲うデンジャラスな日常を描く、待望の短編集第1弾!

この作品を共有

「犬とハサミは使いようDog Ears」作品一覧

(4冊)

671〜682(税込)

まとめてカート

強盗に殺され犬になり、夏野に飼われて日々を過ごす俺。だが本さえ読めればそれでいい――なのに何で毎回邪魔が入るの!? 紅葉はご近所づきあいに天井裏から進入してくるし(『据え膳食わぬは犬の恥』)、雛子を変態から守るためおつかいに付き添うハメになるし(『犬の道は犬』)、夏野家の倉庫の大掃除にも巻き込まれ……ああ、この倉庫にも思えば色々な思い出【トラウマ】が……(『抜けば犬散る氷の刃』)。本編後日談『立つ犬跡を濁さず』も収録した、大団円の短編集第4弾!