電子書籍 青龍の涙 ラノベ

著: 月東湊 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

青龍の涙【イラスト入り】 あらすじ・内容

18歳の孤児を養子に望む──振り返れば、最初から不自然すぎだった。緊張しつつ訪れた家。眠りから目覚めた彰は、なぜか和装に化粧を施され湖に浸かっていた。動転する彰の目の前に現れたのは、明らかに異形の男。白金の挑発、深いみどりの瞳、何よりその足が地に着いていなかった。「花嫁が男だと。ふざけてる」 そう、彰は彼──竜神に捧げるためにある村が要した“花嫁”だったのだ。竜神の怒りをかった彰は、連日圧倒的な力で攻め続けられる。だが、ある日、竜神の心の傷を知り……。和風幻想ロマンス!

この作品を共有

「青龍の涙」最新刊

鬼が見える柳谷潮と、人を食べられない優しい鬼。幼い頃に出会い一度離れ離れになった二人だったが、潮が18の年に再会を果たす。深く慕いあい、身も心も溺れきる傍ら、近づく8年ぶりの伝統の祭り──豊穣祭。大祭の満月の夜は、潮は大好きな鬼とずっと共にいられるよう篝火に願う。しかし、運命は残酷だった。なぜか鬼が急激に痩せ衰えはじめたのだ。詰め寄った潮に鬼は答えた。潮の息の根を止める、その衝撃の事実を。新月までに潮を食べなければ、鬼は霧となって消える……。己の命か相手の命か──迫られる究極の選択。和風幻想シリーズ第2弾!

「青龍の涙」作品一覧

(2冊)

723〜815(税込)

まとめてカート

18歳の孤児を養子に望む──振り返れば、最初から不自然すぎだった。緊張しつつ訪れた家。眠りから目覚めた彰は、なぜか和装に化粧を施され湖に浸かっていた。動転する彰の目の前に現れたのは、明らかに異形の男。白金の挑発、深いみどりの瞳、何よりその足が地に着いていなかった。「花嫁が男だと。ふざけてる」 そう、彰は彼──竜神に捧げるためにある村が要した“花嫁”だったのだ。竜神の怒りをかった彰は、連日圧倒的な力で攻め続けられる。だが、ある日、竜神の心の傷を知り……。和風幻想ロマンス!

鬼が見える柳谷潮と、人を食べられない優しい鬼。幼い頃に出会い一度離れ離れになった二人だったが、潮が18の年に再会を果たす。深く慕いあい、身も心も溺れきる傍ら、近づく8年ぶりの伝統の祭り──豊穣祭。大祭の満月の夜は、潮は大好きな鬼とずっと共にいられるよう篝火に願う。しかし、運命は残酷だった。なぜか鬼が急激に痩せ衰えはじめたのだ。詰め寄った潮に鬼は答えた。潮の息の根を止める、その衝撃の事実を。新月までに潮を食べなければ、鬼は霧となって消える……。己の命か相手の命か──迫られる究極の選択。和風幻想シリーズ第2弾!

「青龍の涙」の作品情報

レーベル
花丸文庫
出版社
白泉社
ジャンル
ライトノベル 女性向け BL
ページ数
235ページ (青龍の涙【イラスト入り】)
配信開始日
2015年3月6日 (青龍の涙【イラスト入り】)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad