電子書籍 新宿闇警察 文芸・小説

著: 龍一京 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

新宿闇警察(1) あらすじ・内容

特殊技能を持った選りすぐりの九人の刑事が、犯罪組織に挑む!

 新宿の交番勤務の若い警察官が、何者かによって射殺された。刑事になりたいという夢のために、無謀にも単身で覚醒剤密売の実態を調べていたのだ。捜査を任された特命捜査班、別名『セクション9』の刑事たちは、事件の背後に、ある組織の存在を知る。捜査課、鑑識課、交通機動隊など各部署から招集された個性的な九人の刑事たちが、新宿歌舞伎町を舞台に、法では裁くことのできない凶悪犯罪組織を壊滅する!

●龍一京(りゅう・いっきょう)
1941年大分県生まれ。元兵庫県警察、司法警察官として主に公安を担当する。退職後、コンサルタント業等を経て、作家に転身。著者の実体験をふんだんに織り込んだ、リアルな刑事の実態を描く警察小説を得意とする。『偽装捜査』(光文社文庫)、『狂った正義』(廣済堂文庫)、『鬼刑事(デカ)謀殺痕』(祥伝社文庫)、『重犯』『虐讐』(徳間文庫)など著書多数。

この作品を共有

「新宿闇警察」最新刊

敵討ちを誓う妹の魂の叫びと特捜刑事たちの怒りの咆哮!

 結婚を間近に控えた女性が、顔にタオルを掛けただけの全裸死体で発見される。絞殺でも刺殺でもなく、いったい死因は? 女性失踪者を捜す刑事たちがまた、彼女のマンションに行くと、そこにも同様の死体が…。連続殺人の様相を見せる事件に、刑事たちは色めきだつ。捜査線上に浮かんだ男は、女刑事・絹田歩夢が乳ガン検診で訪れた病院の院長だった…。警視庁特命捜査班『セクション9』の刑事たちが卑劣な犯罪に挑む!

●龍一京(りゅう・いっきょう)
1941年大分県生まれ。元兵庫県警察、司法警察官として主に公安を担当する。退職後、コンサルタント業等を経て、作家に転身。著者の実体験をふんだんに織り込んだ、リアルな刑事の実態を描く警察小説を得意とする。『偽装捜査』(光文社文庫)、『狂った正義』(廣済堂文庫)、『鬼刑事(デカ)謀殺痕』(祥伝社文庫)、『重犯』『虐讐』(徳間文庫)など著書多数。

「新宿闇警察」作品一覧

(4冊)

各450円 (+税)

まとめてカート

特殊技能を持った選りすぐりの九人の刑事が、犯罪組織に挑む!

 新宿の交番勤務の若い警察官が、何者かによって射殺された。刑事になりたいという夢のために、無謀にも単身で覚醒剤密売の実態を調べていたのだ。捜査を任された特命捜査班、別名『セクション9』の刑事たちは、事件の背後に、ある組織の存在を知る。捜査課、鑑識課、交通機動隊など各部署から招集された個性的な九人の刑事たちが、新宿歌舞伎町を舞台に、法では裁くことのできない凶悪犯罪組織を壊滅する!

●龍一京(りゅう・いっきょう)
1941年大分県生まれ。元兵庫県警察、司法警察官として主に公安を担当する。退職後、コンサルタント業等を経て、作家に転身。著者の実体験をふんだんに織り込んだ、リアルな刑事の実態を描く警察小説を得意とする。『偽装捜査』(光文社文庫)、『狂った正義』(廣済堂文庫)、『鬼刑事(デカ)謀殺痕』(祥伝社文庫)、『重犯』『虐讐』(徳間文庫)など著書多数。

新宿歌舞伎町で暗躍する巨大組織! 敢然と立ち向かう特命捜査班の運命は?

 レイプ、クローン詐欺、戸籍売買、拳銃密売、恐喝…。多種多様な犯罪が頻発し、醜い欲望の渦巻く大歓楽街・新宿歌舞伎町。組織的かつ巧妙に仕組まれた法では裁くことの出来ない凶悪犯罪に、捜査課、鑑識課、交通機動隊などの各部署から選り抜かれた、特命捜査班『セクション9』の個性的な九人の刑事たちが命をかけて挑む!

●龍一京(りゅう・いっきょう)
1941年大分県生まれ。元兵庫県警察、司法警察官として主に公安を担当する。退職後、コンサルタント業等を経て、作家に転身。著者の実体験をふんだんに織り込んだ、リアルな刑事の実態を描く警察小説を得意とする。『偽装捜査』(光文社文庫)、『狂った正義』(廣済堂文庫)、『鬼刑事(デカ)謀殺痕』(祥伝社文庫)、『重犯』『虐讐』(徳間文庫)など著書多数。

凶悪化する犯罪! 警視庁特命捜査班の捜査が犯人を追いつめる!

 東京都内の駐車場にとめてあった乗用車の中から、男の死体が発見された。鑑識の結果、被害者は睡眠導入剤で眠らされた後、鋭利な刃物で頸動脈を切られ死亡したものとみられた。警視庁の各課から選ばれたエリートで構成された、特命捜査班『セクション9』の絹田歩夢と武田哲郎は、事件の真相を追って捜査を始めるが…。被害者の男の汚れた過去と、驚愕の結末とは? 九人の刑事たちの魂が新宿の街に谺する!

●龍一京(りゅう・いっきょう)
1941年大分県生まれ。元兵庫県警察、司法警察官として主に公安を担当する。退職後、コンサルタント業等を経て、作家に転身。著者の実体験をふんだんに織り込んだ、リアルな刑事の実態を描く警察小説を得意とする。『偽装捜査』(光文社文庫)、『狂った正義』(廣済堂文庫)、『鬼刑事(デカ)謀殺痕』(祥伝社文庫)、『重犯』『虐讐』(徳間文庫)など著書多数。

「新宿闇警察」の作品情報

レーベル
――
出版社
アドレナライズ
ジャンル
文芸・小説 警察・刑事もの ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
287ページ (新宿闇警察(1))
配信開始日
2015年3月12日 (新宿闇警察(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad