電子書籍 ブッデンブローク家の人々 文芸・小説

著: トーマス・マン  訳者: 川村二郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ブッデンブローク家の人々(上) あらすじ・内容

老ヨハンは、意志の強い男である。長男が自分の意にそわぬ家の娘と結婚したことを理由に、廃嫡をおこない、すでに自分の商会を次男の手に委ねている。だが、完全に引退したわけではなく、権威をあいかわらず保持している。二代目は、商会の仕事を大きくしていく意志においては父に劣らない。だが、父と異なり、がむしゃらに事業に専念するタイプではなかった……。「ある家族の没落」の副題をもつ、トーマス・マン25歳のときの処女長編であり、当時のヨーロッパでベストセラーとなった。

この作品を共有

「ブッデンブローク家の人々」最新刊

三代目のトーマスは、市の参事会議員にもなるが、彼には人間としての弱さと事業家としての弱さが、はっきりとあらわれる。彼は商会の存続と、一家の体面のため、家長として厳しい態度を保持するが……。「ある家族の没落」の副題をもつ、トーマス・マン25歳のときの処女長編。

「ブッデンブローク家の人々」作品一覧

(2冊)

各900円 (+税)

まとめてカート

老ヨハンは、意志の強い男である。長男が自分の意にそわぬ家の娘と結婚したことを理由に、廃嫡をおこない、すでに自分の商会を次男の手に委ねている。だが、完全に引退したわけではなく、権威をあいかわらず保持している。二代目は、商会の仕事を大きくしていく意志においては父に劣らない。だが、父と異なり、がむしゃらに事業に専念するタイプではなかった……。「ある家族の没落」の副題をもつ、トーマス・マン25歳のときの処女長編であり、当時のヨーロッパでベストセラーとなった。

三代目のトーマスは、市の参事会議員にもなるが、彼には人間としての弱さと事業家としての弱さが、はっきりとあらわれる。彼は商会の存続と、一家の体面のため、家長として厳しい態度を保持するが……。「ある家族の没落」の副題をもつ、トーマス・マン25歳のときの処女長編。

「ブッデンブローク家の人々」の作品情報

レーベル
――
出版社
グーテンベルク21
ジャンル
文芸・小説 海外文学
ページ数
528ページ (ブッデンブローク家の人々(上))
配信開始日
2015年3月11日 (ブッデンブローク家の人々(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad