電子書籍 ブラウン神父の醜聞 文芸

著: G・K・チェスタートン  訳者: 村崎敏郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ブラウン神父の醜聞1 あらすじ・内容

チェスタートンが晩年に書いたブラウン神父もの最後の短篇集。特有のユーモラスな味が一層濃厚になってきて、神秘的な雰囲気がやや薄れ、なかには、純粋のユーモア小説といってもおかしくないような作品もある。だが、どれも、含蓄のあるユーモアたっぷりな書き出しでちょっと滑稽な人物紹介をやってゆきながら、いつか深い瞑想の世界へ読者を引きこんでゆく。これは探偵小説の根本になるトリックが他の追随を許さないほど独創的で巧妙だからだ。本編には「ブラウン神父の醜聞」「手早いやつ」「古書の呪い」「緑色の人」「青君の追跡」の5編をおさめた。

この作品を共有

「ブラウン神父の醜聞」最新刊

チェスタートンが晩年に書いたブラウン神父もの最後の短篇集。含蓄のあるユーモアたっぷりな書き出しでちょっと滑稽な人物紹介をやってゆきながら、いつか深い瞑想の世界へ読者を引きこんでゆく。本編には「共産主義者の犯罪」「ピンの先」「解けない問題」「村の吸血鬼」の4編と「解説」を収めてある。

「ブラウン神父の醜聞」作品一覧

(2冊)

各300円 (+税)

まとめてカート

チェスタートンが晩年に書いたブラウン神父もの最後の短篇集。特有のユーモラスな味が一層濃厚になってきて、神秘的な雰囲気がやや薄れ、なかには、純粋のユーモア小説といってもおかしくないような作品もある。だが、どれも、含蓄のあるユーモアたっぷりな書き出しでちょっと滑稽な人物紹介をやってゆきながら、いつか深い瞑想の世界へ読者を引きこんでゆく。これは探偵小説の根本になるトリックが他の追随を許さないほど独創的で巧妙だからだ。本編には「ブラウン神父の醜聞」「手早いやつ」「古書の呪い」「緑色の人」「青君の追跡」の5編をおさめた。

チェスタートンが晩年に書いたブラウン神父もの最後の短篇集。含蓄のあるユーモアたっぷりな書き出しでちょっと滑稽な人物紹介をやってゆきながら、いつか深い瞑想の世界へ読者を引きこんでゆく。本編には「共産主義者の犯罪」「ピンの先」「解けない問題」「村の吸血鬼」の4編と「解説」を収めてある。

「ブラウン神父の醜聞」の作品情報

レーベル
――
出版社
グーテンベルク21
ジャンル
文芸 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
148ページ (ブラウン神父の醜聞1)
配信開始日
2015年3月13日 (ブラウン神父の醜聞1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad