電子書籍 SONG TO SOULライブラリー 実用

著者: BS-TBS 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

アイム・ノット・イン・ラブ/10cc[電子書籍版] あらすじ・内容

◆誰も聴いたことがないサウンド、幻想的なコーラス誕生をめぐるストーリー◆
あなたは、あなたの「永遠の一曲」にいつ、どこで、どんな状況で、めぐり会ったのでしょうか。
ミュージシャンたちがその音楽に込めた魂と音楽シーンや時代を大きく変えた魅力を探りながら、「永遠の一曲」の源流に迫る、BS-TBSの人気音楽番組SONG TO SOULが電子書籍化。
その音楽と出会った時代、その音楽が流行った時代、さらに、その音楽が誕生した時代を思い出とともにデジタルライブラリーでコレクションしよう!

■内容:イギリス・マンチェスター出身のバンド10ccの1975年の大ヒット曲。
マンチェスターは60年~70年代にポップス、ロックなど様々なジャンルのミュージシャンやバンドを輩出した街。「アイム・ノット・イン・ラヴ」は、3rdアルバム『オリジナル・サウンドトラック』からのシングル・カット曲で、全英1位、全米2位を記録、現在でもバンドの代表曲として知られている。
番組では、この曲を作ったメンバー、エリック・スチュアートとグレアム・グールドマンが出演。曲のアイデアがエリックと妻との会話から生まれたというエピソードを披露してくれた。また、この曲の特徴である幻想的なコーラスをどのように生み出したのか、バック・トラックのレコーディング時のエピソードをメンバー自らが語る。
出演者:エリック・スチュワート(10cc)、グレアム・グールドマン(10cc)、ハーヴェイ・リスバーグ(元マネージャー)、ピーター・タターソール(エンジニア)ほか

この作品を共有

「SONG TO SOULライブラリー」最新刊

◆映画『ノッティングヒルの恋人』テーマ曲。25年の時を経て甦った名曲に秘められた奇跡◆
あなたは、あなたの「永遠の一曲」にいつ、どこで、どんな状況で、めぐり会ったのでしょうか。
ミュージシャンたちがその音楽に込めた魂と音楽シーンや時代を大きく変えた魅力を探りながら、「永遠の一曲」の源流に迫る、BS-TBSの人気音楽番組SONG TO SOULが電子書籍化。
その音楽と出会った時代、その音楽が流行った時代、さらに、その音楽が誕生した時代を思い出とともにデジタルライブラリーでコレクションしよう!

■内容: エルヴィス・コステロが歌う「She」は、映画『ノッティングヒルの恋人』のテーマ曲として1999年にリリース。その後、日本でもいくつかのCMで使われ、人気を得た。
この曲は、もともとイギリスのテレビドラマ用にシャンソン歌手のシャルル・アズナヴールが作曲したものだった。ドラマのタイトルは『女の7つの顔』、作詞をしたのは、ミュージカル『レ・ミゼラブル』の英語版歌詞を書いたハーバート・クレッツマー。
アズナヴールが歌うオリジナル版は、1974年にリリースされ、全英シングルチャートNo.1となるヒットを記録。その後、アズナヴール本人によるフランス語版やスペイン語版、イタリア語版も制作された。
そして、オリジナル版のヒットから25年後、ジュリア・ロバーツ主演のヒット映画とともに、この曲は新たな命を得る。
番組では、アズナヴールによるオリジナル版、コステロによるカヴァー版、それぞれの制作に関わったスタッフを訪ね、名曲誕生の経緯を探る。
■出演者:シャルル・アズナヴール(作曲者)、ハーバート・クレッツマー(作詞者)、トレヴァー・ジョーンズ(『ノッティングヒルの恋人』音楽)ほか

「SONG TO SOULライブラリー」作品一覧

(2冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

◆誰も聴いたことがないサウンド、幻想的なコーラス誕生をめぐるストーリー◆
あなたは、あなたの「永遠の一曲」にいつ、どこで、どんな状況で、めぐり会ったのでしょうか。
ミュージシャンたちがその音楽に込めた魂と音楽シーンや時代を大きく変えた魅力を探りながら、「永遠の一曲」の源流に迫る、BS-TBSの人気音楽番組SONG TO SOULが電子書籍化。
その音楽と出会った時代、その音楽が流行った時代、さらに、その音楽が誕生した時代を思い出とともにデジタルライブラリーでコレクションしよう!

■内容:イギリス・マンチェスター出身のバンド10ccの1975年の大ヒット曲。
マンチェスターは60年~70年代にポップス、ロックなど様々なジャンルのミュージシャンやバンドを輩出した街。「アイム・ノット・イン・ラヴ」は、3rdアルバム『オリジナル・サウンドトラック』からのシングル・カット曲で、全英1位、全米2位を記録、現在でもバンドの代表曲として知られている。
番組では、この曲を作ったメンバー、エリック・スチュアートとグレアム・グールドマンが出演。曲のアイデアがエリックと妻との会話から生まれたというエピソードを披露してくれた。また、この曲の特徴である幻想的なコーラスをどのように生み出したのか、バック・トラックのレコーディング時のエピソードをメンバー自らが語る。
出演者:エリック・スチュワート(10cc)、グレアム・グールドマン(10cc)、ハーヴェイ・リスバーグ(元マネージャー)、ピーター・タターソール(エンジニア)ほか

◆映画『ノッティングヒルの恋人』テーマ曲。25年の時を経て甦った名曲に秘められた奇跡◆
あなたは、あなたの「永遠の一曲」にいつ、どこで、どんな状況で、めぐり会ったのでしょうか。
ミュージシャンたちがその音楽に込めた魂と音楽シーンや時代を大きく変えた魅力を探りながら、「永遠の一曲」の源流に迫る、BS-TBSの人気音楽番組SONG TO SOULが電子書籍化。
その音楽と出会った時代、その音楽が流行った時代、さらに、その音楽が誕生した時代を思い出とともにデジタルライブラリーでコレクションしよう!

■内容: エルヴィス・コステロが歌う「She」は、映画『ノッティングヒルの恋人』のテーマ曲として1999年にリリース。その後、日本でもいくつかのCMで使われ、人気を得た。
この曲は、もともとイギリスのテレビドラマ用にシャンソン歌手のシャルル・アズナヴールが作曲したものだった。ドラマのタイトルは『女の7つの顔』、作詞をしたのは、ミュージカル『レ・ミゼラブル』の英語版歌詞を書いたハーバート・クレッツマー。
アズナヴールが歌うオリジナル版は、1974年にリリースされ、全英シングルチャートNo.1となるヒットを記録。その後、アズナヴール本人によるフランス語版やスペイン語版、イタリア語版も制作された。
そして、オリジナル版のヒットから25年後、ジュリア・ロバーツ主演のヒット映画とともに、この曲は新たな命を得る。
番組では、アズナヴールによるオリジナル版、コステロによるカヴァー版、それぞれの制作に関わったスタッフを訪ね、名曲誕生の経緯を探る。
■出演者:シャルル・アズナヴール(作曲者)、ハーバート・クレッツマー(作詞者)、トレヴァー・ジョーンズ(『ノッティングヒルの恋人』音楽)ほか

「SONG TO SOULライブラリー」の作品情報

レーベル
ビヨンドブックス
出版社
学研
ジャンル
実用
ページ数
83ページ (アイム・ノット・イン・ラブ/10cc[電子書籍版])
配信開始日
2015年3月18日 (アイム・ノット・イン・ラブ/10cc[電子書籍版])
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad