電子書籍 さむらいの門 文芸

著者: 渡辺毅 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

さむらいの門 雪すだれ あらすじ・内容

藩の下士の次男・浦辺玄太は武士の身分を捨てる覚悟で、七つ浜をたずねる。そこは幼い日、藩の名門神崎家の御曹司・伊織に忘れえぬ屈辱を受けた場所でもあった。しかし、七つ浜で玄太は、幕府までからんだ権力の暗闘にいやおうなく巻き込まれていく……。

この作品を共有

「さむらいの門」最新刊

下級武士の次男坊として生まれながら、家老の佐伯家に婿入りした「喧嘩屋」ざむらい・浦辺玄太は、藩主側近で知友でもある古林与一郎から、江戸藩邸に巣食う「諸悪」を一掃すべく、助力を求められるのだが……。反骨と義侠の心にあふれた青年武士の成長譚!

「さむらいの門」作品一覧

(3冊)

各476円 (+税)

まとめてカート

藩の下士の次男・浦辺玄太は武士の身分を捨てる覚悟で、七つ浜をたずねる。そこは幼い日、藩の名門神崎家の御曹司・伊織に忘れえぬ屈辱を受けた場所でもあった。しかし、七つ浜で玄太は、幕府までからんだ権力の暗闘にいやおうなく巻き込まれていく……。

岩見藩の浦辺玄太は、佐伯家老から江戸へ逐電した藩士・日下佐市を連れ戻すよう命ぜられる。さっそく江戸へ向かう玄太だが、幼なじみの佐市の出奔には、藩の名門である神崎家が主導する治水工事にからんだ「不正」が、不気味な影を落としていた。

下級武士の次男坊として生まれながら、家老の佐伯家に婿入りした「喧嘩屋」ざむらい・浦辺玄太は、藩主側近で知友でもある古林与一郎から、江戸藩邸に巣食う「諸悪」を一掃すべく、助力を求められるのだが……。反骨と義侠の心にあふれた青年武士の成長譚!

「さむらいの門」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸 時代小説
ページ数
240ページ (さむらいの門 雪すだれ)
配信開始日
2015年3月18日 (さむらいの門 雪すだれ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad