電子書籍 ひぐらし同心捕物控 文芸

著者: 牧南恭子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ひぐらし同心捕物控 夫婦ごよみ あらすじ・内容

三河から江戸へ出てきた徳田東之進は八丁堀同心の娘・志満を妻にし、亡義父の跡を継ぎ新米同心として働き始めた。夫婦とはいえ床入りもまだの東之進と志満を心配した周囲の計らいで、やっと祝言をあげることに。だが当日、東之進の許婚だという娘が現れた!

この作品を共有

「ひぐらし同心捕物控」最新刊

倉田東之進は〝蜩〟とあだ名される新米の定廻り同心。ある日、三河の有馬藩士で江戸勤番の兄が、東之進の留守に恋女房の志満を訪ね、借金を重ねていたことが発覚した! 賭けごとや女性には無縁の実直な兄がなぜ? 訳を聞いてもかたく口を閉ざすばかりで……

「ひぐらし同心捕物控」作品一覧

(3冊)

各476円 (+税)

まとめてカート

三河から江戸へ出てきた徳田東之進は八丁堀同心の娘・志満を妻にし、亡義父の跡を継ぎ新米同心として働き始めた。夫婦とはいえ床入りもまだの東之進と志満を心配した周囲の計らいで、やっと祝言をあげることに。だが当日、東之進の許婚だという娘が現れた!

八丁堀の新米定廻り同心・倉田東之進のあだ名は〝蜩〟。持ち前の正義感と行動力、美人でしっかり者の妻・志満の助けもあって、なんとか一人前の格好がついてきた。そんな矢先、先代からの岡っ引で頼りにしていた永次が、押し込みの咎で捕まってしまい……

倉田東之進は〝蜩〟とあだ名される新米の定廻り同心。ある日、三河の有馬藩士で江戸勤番の兄が、東之進の留守に恋女房の志満を訪ね、借金を重ねていたことが発覚した! 賭けごとや女性には無縁の実直な兄がなぜ? 訳を聞いてもかたく口を閉ざすばかりで……

「ひぐらし同心捕物控」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸 時代小説
ページ数
305ページ (ひぐらし同心捕物控 夫婦ごよみ)
配信開始日
2015年3月18日 (ひぐらし同心捕物控 夫婦ごよみ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad