電子書籍 吉原螢狩り始末帖 文芸

著者: 北山悦史 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

吉原螢狩り始末帖 花魁殺し あらすじ・内容

吟次は吉原の女郎専門の手当て師をする傍ら、逃げ出した女郎を連れ戻す“蛍狩り”もこなす吉原の揉め事始末人。ある日、手当ての客の女郎から、ある花魁の不審死の探索依頼を受ける。病死とはされていたが、捜査の果てに浮かびあがってきた事実とは…。

この作品を共有

「吉原螢狩り始末帖」最新刊

吉原随一の妓楼「夢屋」の花魁が姿を消した。どうやら男が絡んでいるらしい。女郎専門の気功の手当て師で、揉め事始末の裏稼業もする吟次は楼主の依頼で、早速花魁を連れ戻す「螢狩り」を始めたが、実は一歩吉原から外に出れば仇討ちに狙われる身だった…。

「吉原螢狩り始末帖」作品一覧

(2冊)

各476円 (+税)

まとめてカート

吟次は吉原の女郎専門の手当て師をする傍ら、逃げ出した女郎を連れ戻す“蛍狩り”もこなす吉原の揉め事始末人。ある日、手当ての客の女郎から、ある花魁の不審死の探索依頼を受ける。病死とはされていたが、捜査の果てに浮かびあがってきた事実とは…。

吉原随一の妓楼「夢屋」の花魁が姿を消した。どうやら男が絡んでいるらしい。女郎専門の気功の手当て師で、揉め事始末の裏稼業もする吟次は楼主の依頼で、早速花魁を連れ戻す「螢狩り」を始めたが、実は一歩吉原から外に出れば仇討ちに狙われる身だった…。

「吉原螢狩り始末帖」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸 時代小説 官能小説 官能
ページ数
258ページ (吉原螢狩り始末帖 花魁殺し)
配信開始日
2015年3月18日 (吉原螢狩り始末帖 花魁殺し)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad