電子書籍 興国の楯 新書

著者: 林譲治 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

興国の楯 あらすじ・内容

日米開戦の予感漂う昭和15年秋、船団護衛の必要性に理解を示さぬ陸海軍に業を煮やし、南方からの資源輸送の船団護衛を主任務とする逓信省所属艦隊が発足した!国家の動脈を死守すべく奮闘を続けていたが、ソロモン沖海戦に巻き込まれ思わぬ事態が出来する!

この作品を共有

「興国の楯」作品一覧

(24冊)

各762円 (+税)

まとめてカート

通商さんは東海岸での通商破壊戦を展開。これに対し、米国は中南米諸国の「親米」維持を図るため護衛艦隊を派遣。その意図を察知した通商さんは、新鋭戦艦『アラバマ』へ奇襲攻撃作戦を開始した。遂に、日米激闘の命運を決する〝極秘作戦〟の矛先が交差する!

通商機動部隊の幹部達は、不可解なアメリカ軍の動きを探るべく情報分析と類推を重ねていた。決戦兵力を投入し、侵攻作戦最終段階に向かいつつあるアメリカ軍に対し、通商さんはいかなる一手を打つのか? 太平洋戦争最終決戦を前に、ついに死闘の幕が開く!

日本軍を欺瞞するため、日章旗を掲げて本土を目指す米艦隊。一方、日本海軍も航空隊の決死の攻撃を決行。空と海を血で染めながら、米艦隊は浦賀水道を突き進み決戦場はついに帝都東京の眼前へと迫る。停戦か継戦か!? 太平洋の戦いは、ここに完結を迎える!