電子書籍 玉泉堂みだら暦 文芸

著者: 睦月影郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

玉泉堂みだら暦 緋の綾糸 あらすじ・内容

江戸に吹き荒れた大風によって二親を亡くした常陸浪人の柏木鴻一郎は、内藤新宿にある薬種問屋「玉泉堂」の主・綾部文麿に請われ、店を手伝うことになった。しかし、それには一つの条件があった。主の一人娘の泉を抱き、その淫水を採るということだった……。

この作品を共有

「玉泉堂みだら暦」最新刊

内藤新宿の薬種問屋『玉泉堂』の女将である泉から、秘め事のいろはを教えられた木彫りの細工職人・欽次は、この経験を手始めに、後家の久美、好奇心溢れる無垢な娘のお篠、そして男勝りの美剣士の美更など、いずれ劣らぬ美女たちと褥を重ねていく……。

「玉泉堂みだら暦」作品一覧

(10冊)

各476円 (+税)

まとめてカート

江戸に吹き荒れた大風によって二親を亡くした常陸浪人の柏木鴻一郎は、内藤新宿にある薬種問屋「玉泉堂」の主・綾部文麿に請われ、店を手伝うことになった。しかし、それには一つの条件があった。主の一人娘の泉を抱き、その淫水を採るということだった……。

内藤新宿に店を構える薬種問屋『玉泉堂』の奉公人である利助は、剣術道場の女主の夕紀が、借金を苦にして自害しようとしているところを助け、その見返りに夕紀から淫水を採ることになり、彼女の無垢な柔肌を開いていく……。

見聞を広めたいと、岩城から江戸の出てきて父の知り合いの池野道場の主・夕紀のもとに身を寄せていた山辺竹丸は、そこの門弟の大迫摩美が、姦計にはまり窮地に陥ったことを知り、夕紀とともに助けに向かうが……。蜜情の書き下ろし好評シリーズ第三弾!

「玉泉堂みだら暦」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸 時代小説 官能小説 官能
ページ数
224ページ (玉泉堂みだら暦 緋の綾糸)
配信開始日
2015年3月18日 (玉泉堂みだら暦 緋の綾糸)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad