電子書籍 公事師喜兵衛事件綴り 文芸・小説

著者: 黒崎裕一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

公事宿始末人 淫獣斬り あらすじ・内容

浪人千坂唐十郎は、日本橋馬喰町二丁目公事宿「大黒屋」の女房・お春を助けたことから、公事宿のあるじ・宗兵衛から、「裏公事」の仕事を請け負うことになった。「闇」の始末人・千坂唐十郎が、連続誘拐事件の下手人を暴き、一刀両断する。

  • シェア:

「公事師喜兵衛事件綴り」最新刊

法で裁けぬ悪事を斬る〝闇の始末人〟となった千坂唐十郎は、やくざものと同心らの殺害事件を探るうち、背後に阿片の密売一味が絡んでいることを知る。突然、覆面の武士多数から夜襲を受けた唐十郎は、忌まわしき因縁と対峙し、雪中の死闘を繰り広げる!

「公事師喜兵衛事件綴り」作品一覧

(4冊)

各524(税込)

まとめてカート

浪人千坂唐十郎は、日本橋馬喰町二丁目公事宿「大黒屋」の女房・お春を助けたことから、公事宿のあるじ・宗兵衛から、「裏公事」の仕事を請け負うことになった。「闇」の始末人・千坂唐十郎が、連続誘拐事件の下手人を暴き、一刀両断する。

日本橋馬喰町二丁目公事宿「大黒屋」の女房・お春を助けたことから、公事宿のあるじ・宗兵衛から、「裏公事」の仕事を請け負うことになった浪人千坂唐十郎が、罪なき者を牢に入れ、法外な金を取る、差し入れ屋、同心、町奉行の癒着した悪事を殲滅する。

浪人千坂唐十郎は、日本橋馬喰町二丁目公事宿「大黒屋」の女房・お春を助けたことから、公事宿のあるじ・宗兵衛から、「裏公事」の仕事を請け負うことになった。直心影流の遣い手・千坂唐十郎が、法で裁けぬ悪事を裁き、法で晴らせぬ怨みを晴らす!

「公事師喜兵衛事件綴り」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸・小説
ページ数
294ページ (公事宿始末人 淫獣斬り)
配信開始日
2015年3月18日 (公事宿始末人 淫獣斬り)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。