電子書籍 幸村大軍略記 新書

著者: 百目鬼涼一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

幸村大軍略記 一 昌幸の謀殺 あらすじ・内容

天正一三(一五八五)年秋、信州の雄・真田昌幸が、徳川家康によって謀殺された。嫡子・信之は、真田家存続のため家康に膝を屈するが、次男信繁はそれを潔しとせず出奔。名を「幸村」と変え、徒手空拳の身ながら、持ち前の天才的軍略で家康に牙をむく!

  • シェア:

「幸村大軍略記」最新刊

嫡子誕生に狂喜する秀吉は、徳川軍への総攻撃を延期。この間に家康は態勢を立て直し、東の前田・上杉、さらに関東と豊臣軍を東西に分断する秘策を発動する。その攻勢で上田城が危機に陥った。真田幸村は大坂を進発、敵軍の包囲網を突破し上田へむかったが…

「幸村大軍略記」作品一覧

(3冊)

各838(税込)

まとめてカート

天正一三(一五八五)年秋、信州の雄・真田昌幸が、徳川家康によって謀殺された。嫡子・信之は、真田家存続のため家康に膝を屈するが、次男信繁はそれを潔しとせず出奔。名を「幸村」と変え、徒手空拳の身ながら、持ち前の天才的軍略で家康に牙をむく!

真田幸村は、亡父の仇・徳川軍を撃破し、関白秀吉から大名として厚遇される。だが、折しも参戦した「北条征伐」の陣中で、死んだはずの家康の執念ともいうべき罠に遭遇。圧倒的有利から絶体絶命となった豊臣軍にあって、稀代の智将・幸村のとった策とは?

嫡子誕生に狂喜する秀吉は、徳川軍への総攻撃を延期。この間に家康は態勢を立て直し、東の前田・上杉、さらに関東と豊臣軍を東西に分断する秘策を発動する。その攻勢で上田城が危機に陥った。真田幸村は大坂を進発、敵軍の包囲網を突破し上田へむかったが…

「幸村大軍略記」の作品情報

レーベル
歴史群像新書
出版社
学研
ジャンル
新書 架空戦記
ページ数
264ページ (幸村大軍略記 一 昌幸の謀殺 )
配信開始日
2015年3月18日 (幸村大軍略記 一 昌幸の謀殺 )
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。