電子書籍 傘張り剣人情控 文芸・小説

著者: 葛葉康司 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

傘張り剣人情控 辻打ち あらすじ・内容

生来のんきな傘張り浪人・寒川十蔵。ある夜、謎の娘に辻打ちにあったことから思わぬ事態に巻き込まれていく。親友の忘れ形見を守るため、かつて吉田の三羽烏と称されていたほどの剣の腕を思い出し、長屋の仲間に見守られながら、ついに剣の立ち合いに挑む!!

この作品を共有

「傘張り剣人情控」最新刊

傘張り浪人から上厳陰流の道場主になった寒川十蔵。旅先で「首吊り侍」を助けたが、この浪人は瀬田藩の家老を斬って逐電し、家老の息子に仇と狙われるいわくつきの男だった。お家騒動に巻き込まれた十蔵が老いらくの剣で活躍する、人気シリーズ第三弾!

「傘張り剣人情控」作品一覧

(3冊)

各476円 (+税)

まとめてカート

生来のんきな傘張り浪人・寒川十蔵。ある夜、謎の娘に辻打ちにあったことから思わぬ事態に巻き込まれていく。親友の忘れ形見を守るため、かつて吉田の三羽烏と称されていたほどの剣の腕を思い出し、長屋の仲間に見守られながら、ついに剣の立ち合いに挑む!!

身投げ女を助けようとしたことから、血塗られた妖弓「弦月」と関わってしまう寒川十蔵、この事件をきっかけに端唄の師匠おりんと出会い、その魅力に惹かれていくが……。一方、妖弓「弦月」追跡の果てに浮かび上がってきたのは恐るべき敵の姿だった!

傘張り浪人から上厳陰流の道場主になった寒川十蔵。旅先で「首吊り侍」を助けたが、この浪人は瀬田藩の家老を斬って逐電し、家老の息子に仇と狙われるいわくつきの男だった。お家騒動に巻き込まれた十蔵が老いらくの剣で活躍する、人気シリーズ第三弾!

「傘張り剣人情控」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸・小説
ページ数
238ページ (傘張り剣人情控 辻打ち)
配信開始日
2015年3月18日 (傘張り剣人情控 辻打ち)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad