電子書籍 手当て師佐平 文芸・小説

著者: 北山悦史 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

手当て師佐平 白肌夢街道 あらすじ・内容

佐平は、父の仇と間違われて柿枝姉弟に襲われる。湯屋に逃げ込んだ佐平は湯屋の女将に性の悦びを教えられ、つかのまの至福の時を得たものの、再び柿枝姉弟が現れる。永法寺の玄空和尚に気功の手ほどきを受け、天性の気功の才を開花させた佐平だが--。

  • シェア:

「手当て師佐平」最新刊

佐平の母親のりくが病に倒れて死んだ。最期の言葉は「おまえは日本橋の豪商に頼まれて自分の子として育てた」というものだった。実の父母は、今でもおまえを待ちわびているはずだと言ってそのときの証文を見せた。佐平は日本橋へと足を向けるのだが…。

「手当て師佐平」作品一覧

(3冊)

613〜623(税込)

まとめてカート

佐平は、父の仇と間違われて柿枝姉弟に襲われる。湯屋に逃げ込んだ佐平は湯屋の女将に性の悦びを教えられ、つかのまの至福の時を得たものの、再び柿枝姉弟が現れる。永法寺の玄空和尚に気功の手ほどきを受け、天性の気功の才を開花させた佐平だが--。

父の仇と間違われ、浅草から行徳に逃れていた野菜売りの佐平。今度は行きがかり上、仇から返討ちに遭った柿枝倫太郎の無念を晴らしてほしいと彩乃に懇願され、手当て師として女を癒しながらも、柿枝姉妹の仇を討つべく立ち上がることに…。果たして結末は?

佐平の母親のりくが病に倒れて死んだ。最期の言葉は「おまえは日本橋の豪商に頼まれて自分の子として育てた」というものだった。実の父母は、今でもおまえを待ちわびているはずだと言ってそのときの証文を見せた。佐平は日本橋へと足を向けるのだが…。

「手当て師佐平」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸・小説 時代小説 官能小説 官能
ページ数
275ページ (手当て師佐平 白肌夢街道)
配信開始日
2015年3月18日 (手当て師佐平 白肌夢街道)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。