電子書籍 宵待ち同心三九郎 文芸

著者: 芦川淳一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

宵待ち同心三九郎 あらすじ・内容

南町奉行所の定町廻り同心・刈葉三九郎は、夕方から遅くまで酒を呑むのがこの上ない愉悦と感じていた。そんな刈葉を知る者は、陰で「宵待ち同心」と揶揄していた。刈葉が、いつものごとく酔って月夜をそぞろ歩きしていた時、楓川の傍にいる女に出逢った…

この作品を共有

「宵待ち同心三九郎」最新刊

酒を愛し、酔いどれ同心と陰口を叩かれる南町の定町廻り・刈葉三九郎。非番の昼下がり、桜見物で賑わう飛鳥山で扇屋の娘・お藤を楯にして暴れる、島抜けの咎人を捕らえた。その三日後、お藤が誘拐され探索に乗り出した三九郎に、父親が意外な告白をする…。

「宵待ち同心三九郎」作品一覧

(3冊)

476円〜571円(+税)

まとめてカート

南町奉行所の定町廻り同心・刈葉三九郎は、夕方から遅くまで酒を呑むのがこの上ない愉悦と感じていた。そんな刈葉を知る者は、陰で「宵待ち同心」と揶揄していた。刈葉が、いつものごとく酔って月夜をそぞろ歩きしていた時、楓川の傍にいる女に出逢った…

宵待ち同心と陰口を叩かれる刈葉三九郎が、馴染みの居酒屋で呑んでいると、お葉と名乗る女が助けを求めてきた。怪しい浪人に付け回されているという。様子を見に店を出た三九郎を凶刃が襲った。浪人は、お葉に纏いつく卑劣な同心を成敗すると息巻くのだが…。

酒を愛し、酔いどれ同心と陰口を叩かれる南町の定町廻り・刈葉三九郎。非番の昼下がり、桜見物で賑わう飛鳥山で扇屋の娘・お藤を楯にして暴れる、島抜けの咎人を捕らえた。その三日後、お藤が誘拐され探索に乗り出した三九郎に、父親が意外な告白をする…。

「宵待ち同心三九郎」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸 時代小説
ページ数
222ページ (宵待ち同心三九郎)
配信開始日
2015年3月18日 (宵待ち同心三九郎)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad