電子書籍 信長と濃姫(まんがびと) 文芸・小説

著者: 潮美瑶  著者: MBビジネス研究班 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

信長と濃姫 奇襲桶狭間 あらすじ・内容

【書籍説明】

美濃国主斎藤道三の一人娘帰蝶に、隣国織田家から縁談が持ち込まれた。

帰蝶を織田信秀の嫡男信長の嫁に迎え、和睦しようという。


ところが、信長は「大うつけ(大馬鹿)」と悪評が高い。

帰蝶は信長に興味を持ち、男装して隣国尾張に忍び入った。


祭の日、帰蝶は、三河から来た人質松平竹千代を連れた信長に出会う。


帰蝶は信長に誘われるまま、竹千代とともに村童の喧嘩に加わったり大蛇退治を手伝ったりする。

突然、三人は野臥に襲われ、道三の家臣明智光秀に救われた。

復讐に燃える信長は野臥の巣窟を襲撃して、野臥の頭領を捕らえた。

野臥は三河の松平家に頼まれて竹千代を殺害しようとしたのだ。


やがて、竹千代は三河に帰り、今川家の人質となって駿府に送られた。

信長と帰蝶はめでたく結婚した。


信長が尾張を平定して間もなく、今川義元が大軍を率いて攻め寄せた。

勝ち目のない信長は奇襲作戦を立てるが、その作戦を見破る者が今川軍にただ一人いる。

成長して松平元康となった竹千代である。

はたして、竹千代はどう出るか?


【目次】
尾張の大うつけ
小さな客人
大蛇退治
猿か人か
野臥の洞穴
人質
婚儀と葬儀
国譲り状
今川義元出陣
松平元康
信長出陣
雷雨
桶狭間
天下布武

… 以上まえがきより抜粋

  • シェア:

「信長と濃姫(まんがびと)」作品一覧

(11冊)

549〜880(税込)

まとめてカート

【書籍説明】

織田信長は足利義昭を将軍に奉じて、天下一統の道を邁進していた。

しかし、将軍復権と足利幕府再開を目指す足利義昭との間に生じた溝は、深まるばかりだった。

足利義昭は各地の有力大名に御内書を送り、信長追討を下知した。宗教勢力まで抱き込み、信長包囲網を構築する。

信長は信頼する義弟浅井長政に裏切られ、生命さえ危うくなる。浅井・朝倉軍に加え、一向宗信徒や比叡山延暦寺まで信長に敵対した。

ついには、武田信玄が信長討伐の進撃を開始した。信長は絶体絶命の危機に陥る。

しかし、信長は、強い意志の力と女軍師濃姫や明智光秀・徳川家康・木下(羽柴)秀吉の働きにより、危機を乗り越えて新しい世の礎を築く。

一方、足利義昭・浅井長政・朝倉義景は天下取りの好機を目前にしながら掴むことができず、滅亡への一途をたどる。

信長は浅井長政の裏切りが許せない。その激しい怒りに乗じて、木下秀吉は出世の機会を作りだし、ついに小谷城を落として浅井領を手に入れる。

【書籍説明】

織田信長は将軍足利義昭を京から追放し、名実ともに天下人として歩み出した。
しかし、足利義昭は本願寺の顕如光佐や中国路の大大名毛利輝元と手を組み、信長を倒して再上洛する望みを諦めてはいなかった。

武田信玄は病没したが、跡を継いだ武田勝頼は好戦的な武将で、徳川家康の領国に度々侵攻する。
信長と家康は鉄砲など新兵器によって、「無敵」と称される武田騎馬隊を破り、勝頼に壊滅的な打撃を与えた。

信長は琵琶湖畔に安土城を築き始めた。
城下にキリスト教の教会や学校を建てる許可を宣教師達に与えたところ、信長の使僧朝山日乗から、「キリスト教の布教はスペイン・ポルトガルの植民地政策」という報告がもたらされた。
だが、信長は南蛮貿易により莫大な利益を上げ、様々な新兵器を入手している。
南蛮貿易を振興するためには、キリスト教を禁じることはできない。

信長は奇想天外な戦法を考えつき、キリスト教問題と本願寺合戦を同時に解決しようとする。

目次一覧
武田勝頼
決死の伝令
長篠の戦
家督譲り
安土城建設
南蛮僧の陰謀
放火殺人
異教排斥
本願寺籠城
木津川の大敗
植民地政策
パードレ虐殺
取引停止
鉄甲船出撃
無敵鉄甲艦隊

【書籍説明文】

織田信長は無敵武田騎馬隊を壊滅状態にし、伊勢長島や越前の一向一揆を平定した。天下一統に邁進し、安土築城にとりかかった。残る大敵は、将軍足利義昭と手を組んだ一向宗石山本願寺・中国路最大の大名毛利輝元・北国の覇者上杉謙信である。
織田家の出世頭は、羽柴筑前守秀吉と明智日向守光秀。二人は各地を転戦し、次々と多大な戦果を挙げた。特に秀吉は野望に駆られるまま、出世の山を駆け登る。その秀吉に、「末は天下人になる」という予言が囁かれた。秀吉の野望は果てしなく広がるが、同時に、秀吉は信長の激怒を恐れた。
信長の徹底した合理主義と成果主義が、配下の武将を心理的に追い詰めた。松永久秀・荒木村重らが次々と謀反を起こす。光秀と秀吉は謀反人征討に追われた。
謀反鎮圧の中、秀吉は信長の独裁と酷薄に疑念を抱き、将来に不安を覚えた。
それでも、秀吉は中国路攻略に励むが、信長への不満が募る。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。