電子書籍 信長と濃姫(まんがびと) 文芸・小説

著者: 潮美瑶  著者: MBビジネス研究班 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

信長と濃姫 奇襲桶狭間 あらすじ・内容

【書籍説明】

美濃国主斎藤道三の一人娘帰蝶に、隣国織田家から縁談が持ち込まれた。

帰蝶を織田信秀の嫡男信長の嫁に迎え、和睦しようという。


ところが、信長は「大うつけ(大馬鹿)」と悪評が高い。

帰蝶は信長に興味を持ち、男装して隣国尾張に忍び入った。


祭の日、帰蝶は、三河から来た人質松平竹千代を連れた信長に出会う。


帰蝶は信長に誘われるまま、竹千代とともに村童の喧嘩に加わったり大蛇退治を手伝ったりする。

突然、三人は野臥に襲われ、道三の家臣明智光秀に救われた。

復讐に燃える信長は野臥の巣窟を襲撃して、野臥の頭領を捕らえた。

野臥は三河の松平家に頼まれて竹千代を殺害しようとしたのだ。


やがて、竹千代は三河に帰り、今川家の人質となって駿府に送られた。

信長と帰蝶はめでたく結婚した。


信長が尾張を平定して間もなく、今川義元が大軍を率いて攻め寄せた。

勝ち目のない信長は奇襲作戦を立てるが、その作戦を見破る者が今川軍にただ一人いる。

成長して松平元康となった竹千代である。

はたして、竹千代はどう出るか?


【目次】
尾張の大うつけ
小さな客人
大蛇退治
猿か人か
野臥の洞穴
人質
婚儀と葬儀
国譲り状
今川義元出陣
松平元康
信長出陣
雷雨
桶狭間
天下布武

… 以上まえがきより抜粋

  • シェア:

「信長と濃姫(まんがびと)」作品一覧

(11冊)

549〜880(税込)

まとめてカート

【書籍説明】

織田信長は天才的革命家だった。尾張の小大名だった若い頃から「天下一統して新しい世を拓く」という野望を抱いた。信長は流浪していた足利義昭を奉じて上洛し、十五代将軍の座に就けた。足利将軍の権威を利用して、天下統治の実権を得ようとした。
だが、将軍復権を熱望する義昭と対立するようになり、信長は、ついに義昭を京から追放した。将軍の上に位置する天皇の権威を背景に、天下一統に邁進した。信長は長年の宿敵を次々と倒し、今や天下一統を八割方成し遂げた。
将軍義昭は「再上洛して幕府再開」の執念に燃え、中国路の大大名毛利輝元と手を組み、信長に対抗した。義昭は織田軍団の出世頭羽柴秀吉を味方に取り込み、信長殺害を計画した。
だが、信長襲撃は失敗し、信長は怒りに燃えて中国路征服に出陣した。
信長と義昭の最後の戦が始まる。
信長は天下一統を成し遂げて、「日本国王」になれるのか?

【書籍説明文】

天才的革命家織田信長は、長年敵対していた足利義昭と和睦し、義昭を支援していた中国路大大名毛利輝元を臣従させた。
一方、謀反を起こした羽柴秀吉の家臣達は、信長に捕えられた秀吉奪回と再起を図り、信長と対立する大名を頼った。
信長は九州に侵攻し、毛利軍と大友宗麟軍が先鋒を務めた。織田軍は竜造寺隆信を討ち取り、南九州の覇者島津四兄弟を降した。土佐の長曽我部元親も降伏して臣下となり、九州に続き四国も平定された。
征夷大将軍織田信忠は関東支配を狙う北条氏政を滅ぼし、その同盟者上杉景勝を降した。さらに奥州の伊達政宗・安東愛季・最上義光らを服属させて、関東から奥州を平定した。
信長は戦乱を終結させ新しい世の秩序を整え始めたが、問題は山積している。
統治の中心地をどこにするか?巨大な織田軍団を維持する費用はどうするか?諸国に溢れる牢人・野伏・海賊達の身の振り方は?そして、秀吉の処罰は?

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。