電子書籍 まちづくりの福祉社会学 ―これからの公民連携を考える(中央法規出版) 実用

著: 杉岡直人 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

まちづくりの福祉社会学 ―これからの公民連携を考える あらすじ・内容

少子高齢化社会におけるこれからのまちづくりのデザインや基本概念を各地の実践を交えて解説。過疎地における住民参加の仕組み、環境循環型の活動、こども食堂支援、地域通貨、社会福祉法人の取組など、具体的な事例を紹介する。これからのまちづくりの方向性を示した一冊。

  • シェア:

「まちづくりの福祉社会学 ―これからの公民連携を考える(中央法規出版)」最新刊

少子高齢化社会におけるこれからのまちづくりのデザインや基本概念を各地の実践を交えて解説。過疎地における住民参加の仕組み、環境循環型の活動、こども食堂支援、地域通貨、社会福祉法人の取組など、具体的な事例を紹介する。これからのまちづくりの方向性を示した一冊。

「まちづくりの福祉社会学 ―これからの公民連携を考える(中央法規出版)」の作品情報

レーベル
――
出版社
中央法規出版
ジャンル
実用 学問 社会
ページ数
304ページ (まちづくりの福祉社会学 ―これからの公民連携を考える)
配信開始日
2020年6月19日 (まちづくりの福祉社会学 ―これからの公民連携を考える)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。