電子書籍 地域人 実用

編集: 大正大学地域構想研究所 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

地域人 第49号 SDGs×地域創生 あらすじ・内容

大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。
創刊4周年記念号の特集は「SDGs×地域創生」。
特集の冒頭では、TBS「サンデーモーニング」でもおなじみの、園家、ランドスケープアーキテクトの涌井雅之さんにインタビュー。
SDGsの成り立ちから課題、解決策まで語っていただきました。

※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。

大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。
創刊4周年記念号の特集は「SDGs×地域創生」。

特集の冒頭では、TBS「サンデーモーニング」でもおなじみの、
造園家、ランドスケープアーキテクトの涌井雅之さんにインタビュー。
SDGsの成り立ちから課題、解決策まで語っていただきました。

続いて、国、自治体、企業、大学でのSDGs(持続可能な開発のためのグローバル目標)への取り組みを取材。
環境省、国土交通省、農林水産省、静岡市、木更津市、益田市、遠野市などの事例を紹介しています。
さらに大正大学地域構想研究所等の研究者が、研究内容とSDGsとの関連について解説します。

渡邊直樹編集長の「巻頭インタビュー」は、NHK「クローズアップ現代」のキャスターを務め、
現在はSDGsの取材・啓蒙活動に取り組んでいるジャーナリストの国谷裕子さんへのロングインタビューです。

養老孟司、清成忠男、島薗進、森まゆみ、二宮清純、森枝卓士、河合雅司、岩村暢子などの豪華連載も掲載。

  • シェア:

「地域人」最新刊

※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。

86号の地域発大特集は、「静岡県 だもんで」。
「だもんで」とは、静岡弁で「~だから」のこと。
日本のほぼ中央、太平洋に面する「ふじのくに静岡県」。
富士山や駿河湾など豊かな自然がある一方、県庁所在地の静岡市を中心に商業や文化が発達しています。
徳川家康が優秀な職人を集めたことを端緒とした、製造業発祥の地でもあります。
「食」と「人」を中心とした静岡(しぞーか)の今の姿を地域から発信します。

■目次
地域発大特集/静岡県だもんで

静岡県MAP

静岡県“まめったい”地域人インタビュー
さまざまな分野で地域のために活躍
総勢33人+川勝平太知事の応援メッセージ

伊豆半島の地形
成り立ちや地形から伊豆半島の神秘を探る

静岡の「食」の魅力

静岡の名店
KAWASAKI(静岡市)/ごはんや月見豆(藤枝市)
手打ち蕎麦 たがた(静岡市)/Restaurant C’set La Vie(静岡市)
魚魚一(浜松市)/日本料理 桝形(浜松市)/喜慕里(浜松市)
san grams green tea & garden cafe(菊川市)
デルフィーノ(伊東市)/arcana izu(伊豆市)
沖あがり食堂(西伊豆町)/うるおいてい(富士宮市)

静岡のとっておき 山海の幸のお取り寄せ

静岡の産業
新産業の集積から始まった
静岡の先端産業創出プロジェクト

“やらまいか精神”で進む
静岡の「地域人」

丁子屋平吉(丁子屋)/町 紗耶香・堤坂弥生(ななめぐりプロジェクト)
小島孝仁(CSA不動産)/辻せりか(AOBEAT)
松本潤一郎(LODGE MONDO ―聞土―)/青山沙織(深海魚直送便)
鷲巣恭一郎(鷲巣染物店)/羽鳥祐子(原泉アートデイズ!)
平尾 清(東海軒)

魅力あふれるローカル線の宝庫 静岡県編
大井川鐵道/天竜浜名湖鉄道/岳南電車

静岡県のローカルメディア
秀逸な紙媒体を育む
フリーペーパー王国

本のある場所 静岡編
取材・文 南陀楼綾繁

特別企画
東日本大震災から11年半経った
宮城県南三陸町に震災伝承施設
「南三陸311メモリアル」開館

このほか、
養老孟司、北川正恭、小峰隆夫、森まゆみ、河合雅司、二宮清純、吉村喜彦、宮田珠己、片山善博、などの豪華連載も掲載

「地域人」作品一覧

(38冊)

各880(税込)

まとめてカート

※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。

大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。
創刊4周年記念号の特集は「SDGs×地域創生」。

特集の冒頭では、TBS「サンデーモーニング」でもおなじみの、
造園家、ランドスケープアーキテクトの涌井雅之さんにインタビュー。
SDGsの成り立ちから課題、解決策まで語っていただきました。

続いて、国、自治体、企業、大学でのSDGs(持続可能な開発のためのグローバル目標)への取り組みを取材。
環境省、国土交通省、農林水産省、静岡市、木更津市、益田市、遠野市などの事例を紹介しています。
さらに大正大学地域構想研究所等の研究者が、研究内容とSDGsとの関連について解説します。

渡邊直樹編集長の「巻頭インタビュー」は、NHK「クローズアップ現代」のキャスターを務め、
現在はSDGsの取材・啓蒙活動に取り組んでいるジャーナリストの国谷裕子さんへのロングインタビューです。

養老孟司、清成忠男、島薗進、森まゆみ、二宮清純、森枝卓士、河合雅司、岩村暢子などの豪華連載も掲載。

※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。

大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。

特集は「本屋が楽しい まちが楽しい!」。
全国的に書店数が減少する中、本の魅力を伝え、人と人を繫げ、
地域文化発信のリアルな拠点としての役割を担っている本屋さんがあります。

今号でご登場いただいたのは、以下の書店です。
鳥取県=本の学校 今井ブックセンター、汽水空港、公園前の小さな本屋 みつけどり、定有堂書店
山梨県=朗月堂書店、春光堂書店、本と珈琲 カピバラ
北海道=かの書房、書肆吉成 丸ヨ池内 GATE 6F店、留萌ブックセンター by 三省堂書店
岩手県=ORIORI produced by さわや書店、BOOKNERD、一頁堂書店
高知県=金高堂書店本店、高知 蔦屋書店、うずまき舎
熊本県=長崎書店、長崎次郎書店、橙書店、舒文堂河島書店

また、特集の冒頭では、鳥取県米子を中心に山陰でチェーン展開する今井書店の相談役・永井伸和さんに、
作家、出版社、デザイナー、印刷所、取次、書店、図書館、読者という垣根を超えた「本の学校」の思想、
地域文庫、市民図書館運動などについてお話をうかがいました。

巻頭インタビューは、前早稲田大学総長で大正大学地域構想研究所の最高顧問に就任した
鎌田薫さんに、激動の世界のなかで活躍する人材の育成などについてお話を伺いました。


養老孟司、清成忠男、島薗進、森まゆみ、二宮清純、森枝卓士、河合雅司、岩村暢子などの豪華連載も掲載。

※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。

大正大学地域構想研究所が編集、大正大学出版会が発行する地域創生のための総合情報誌。

特集は「ふるさとの手仕事と生活道具」。
全国各地には、地元の素材と受け継がれた技術を用いた生活道具が多くあります。地域の暮らしや文化が宿ったものたちは、人々の生活に溶け込み、手になじみながら何世代にもわたって使われてきました。
産地を盛り上げ、手仕事を継承していく人たちを訪ねました。

北海道=旭川木工コミュニティキャンプ
岩手県=安比塗漆器工房、安代漆工技術研究センター、iwatemo
東京都・栃木県=月兎印 スリムポット
新潟県・石川県=SUNAO、conte、山中漆器
岡山県=倉敷ノッティング、倉敷ガラス
島根県=出西窯
大分県=TSG竹田総合学院、小鹿田焼

また、特集の冒頭では、“一人問屋”として作り手と売り手をつないでいるスタジオ木瓜代表の日野明子さんに、誇りをもったモノづくりと地場産業を未来につなぐために必要なことを伺いました。

巻頭インタビューは、D&DEPARTMENTのデザイン活動家・ナガオカケンメイに「ロングライフデザイン」についてお話を伺いました。

養老孟司、清成忠男、島薗進、森まゆみ、二宮清純、森枝卓士、河合雅司、岩村暢子などの豪華連載も掲載。

「地域人」の作品情報

レーベル
大正大学出版会
出版社
大正大学出版会
ジャンル
実用
ページ数
132ページ (地域人 第49号 SDGs×地域創生)
配信開始日
2020年6月25日 (地域人 第49号 SDGs×地域創生)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。