電子書籍 富豪一族:知られざる相続人 文芸

著者: アイリーン・ウィルクス  翻訳者: 秋元美由起 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

さまよえるシンデレラ あらすじ・内容

天涯孤独なエマは突然訪ねてきたフリンから大富豪の娘だと告げられ、フォーチュン家へ赴いた。パーティの日、広い屋敷で迷った彼女の前にフリンが現れて……。

エマは生まれてすぐに捨てられ、里親の家を転々としてきた。そのためか人との関係が長く続かず、いつも孤独だった。ある日、彼女が働く店にフリンという名の男性が現れて、彼女は実は大富豪フォーチュン家の相続人だと告げられる。なかば強引に事実を受け入れさせられ、違和感を覚えつつもエマは富豪一族の一員となった。親戚の集うパーティが開かれることになり、今までしたこともない口紅を引いてドレスに身を包んだ。しかし広い屋敷で道に迷い、情けなさに落ち込んでいると、聞き覚えのある低い声がした。「君をさがしていたんだ」すると目の前に、官能的な笑みを浮かべたフリンが立っていた。★先月よりスタートした『富豪一族:知られざる相続人』第二話は、一年ぶりに登場のアイリーン・ウィルクスが執筆。大作家リンダ・ハワードに〝私が読みたいと思うことを書いてくれる人〟と言わしめた注目の作家です!★

この作品を共有

「富豪一族:知られざる相続人」最新刊

●『シークと魔法の指輪』(バーバラ・ボズウェル著)イマルコの若き国王ニコは、テキサスの大富豪ライアン・フォーチュンから〝真実の愛を成就する指輪〟をもらう。驚いたことにライアンは、ニコがかつて別れを告げた、敵対国の有力者の娘エズミこそ運命の相手だと言う。ニコは指輪の魔法など信じなかったが助言に従い、大胆にもエズミを誘拐する。

●『今宵はプリンセス』(ジェニファー・グリーン著)交通事故に遭ったライアンを救ったことが縁で、セバスチャンとジェッサはとてつもない豪邸を贈られる。問題は、ひとつ屋根の下で暮らさなければならないことだった。二人は見知らぬ他人同士。しかも、きまじめな教育者と都会的な娘では気が合うはずもなく、彼らはことあるごとに火花を散らす。

●『プレイボーイの愛し方』(ジャッキー・メリット著)難病の妹を救うため日夜、研究と倹約に励む医師マギーのもとに巨額の小切手が届いた。贈り主は、かつて彼女が命を救ったライアンだ。彼女は研究所を設立し、第一人者エリオットを招くことにした。プレイボーイの彼の承諾を得ようと、精いっぱいドレスアップしてパーティへ出かける。

「富豪一族:知られざる相続人」作品一覧

(6冊)

500円〜800円(+税)

まとめてカート

エマは生まれてすぐに捨てられ、里親の家を転々としてきた。そのためか人との関係が長く続かず、いつも孤独だった。ある日、彼女が働く店にフリンという名の男性が現れて、彼女は実は大富豪フォーチュン家の相続人だと告げられる。なかば強引に事実を受け入れさせられ、違和感を覚えつつもエマは富豪一族の一員となった。親戚の集うパーティが開かれることになり、今までしたこともない口紅を引いてドレスに身を包んだ。しかし広い屋敷で道に迷い、情けなさに落ち込んでいると、聞き覚えのある低い声がした。「君をさがしていたんだ」すると目の前に、官能的な笑みを浮かべたフリンが立っていた。★先月よりスタートした『富豪一族:知られざる相続人』第二話は、一年ぶりに登場のアイリーン・ウィルクスが執筆。大作家リンダ・ハワードに〝私が読みたいと思うことを書いてくれる人〟と言わしめた注目の作家です!★

愛に飢えた幼少期を過ごしたヘザーは、似た境遇のジャスティンと知り合って結婚した。だが妻の流産のショックに耐えきれず、彼は家を出ていった。実は別居の前夜にヘザーは子を授かっていたが、それが理由で夫を縛りつけたくなくて、彼には知らせなかった。一年後、突然ジャスティンが驚くべき提案をしてくる。彼が名門フォーチュン家の相続人だったことが判明したので、ヘザーも一緒に一族のもとへ行き、やり直すチャンスとして一カ月くれというのだ。まだ消えぬ夫への愛と秘密を抱えたまま、彼女は途方に暮れた。★『富豪一族:知られざる相続人』第三話は、独力で財を築いたビジネスマンのジャスティンが主人公。来月にはRITA賞受賞作家バーバラ・マコーリィが登場します!★

雑貨店を経営するホリーが空輸の商品を待っていると、小型飛行機が目の前で墜落した。彼女は懸命にパイロットの男性、ガイを救出する。奇跡的に軽傷ですんだが、ホリーは彼を自宅で療養させることにした。助けたからには責任を持つべきだからと自分に言い聞かせ、いまだ誰も入れたことのない寝室にガイを寝かせた。だが数日をともに過ごすうち、ホリーは彼に強く惹かれていく。そんな彼女の思いを知ってか知らずか、ガイが言った。「ホリー、今夜は寝室で寝たらいいよ」★『富豪一族:知られざる相続人』第四話。昨年、“ロマンス界のオスカー賞”と目されるRITA賞を獲得したバーバラ・マコーリィの筆が冴え渡ります!★

「富豪一族:知られざる相続人」の作品情報

レーベル
ハーレクイン・ディザイア
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸 ハーレクイン(小説)
ページ数
206ページ (さまよえるシンデレラ)
配信開始日
2012年12月26日 (さまよえるシンデレラ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad