電子書籍 アラビアン・ロマンス:バハニア王国編(シルエット・スペシャル・エディション) 文芸・小説

著者: スーザン・マレリー  翻訳者: 高木明日香 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

砂塵のかなたに あらすじ・内容

エマはレイハンと駆け落ちするが夫は姿をくらました。六年後、彼女は夫が砂漠の国のプリンスだと知る。

王族専用機の窓の下に青い海と砂漠の街が見えてくると、エマは自分が本当に神秘に包まれた国を訪れたのだと実感した。突然現れた国王の使者から招待を告げられたときは、誘拐されてどこかへ連れていかれるのかと思ったけれど。これから〝ピンクの宮殿〟とよばれる王宮で国王に謁見する。そこにはいったい何が待ち受けているのかしら?不安を覚えながらリムジンから降り立ったエマは、ふと視界の端でとらえたものに視線を向けた。影の中から長身の人物が近づいてくる。それはエマにとって、忘れようにも忘れられない人だった。★1100号を迎えたシルエット・スペシャル・エディション。記念号はスーザン・マレリーのミニシリーズ『アラビアン・ロマンス:バハニア王国編』関連作です。今月から3カ月連続で刊行いたしますので、どうぞお楽しみに!★

この作品を共有

「アラビアン・ロマンス:バハニア王国編(シルエット・スペシャル・エディション)」を見ている人にこれもおすすめ

「アラビアン・ロマンス:バハニア王国編(シルエット・スペシャル・エディション)」最新刊

ダフネは十年ぶりに砂漠の国に降り立った。二十歳のとき、婚約中のムラト皇太子の前から姿を消したのは、将来の王妃という重圧に押しつぶされて自信喪失したからだ。あるパーティで、言い寄る女性たちから救ってあげた彼が、中東の王国のプリンスだなんて知らなかったのだ。だが彼は、私を追いかけてもこなかった。あれから長い月日が流れ、信じられないことにムラトがダフネの姪のブリタニーに結婚の申し込みをするという。まだ十代の姪に同じ気持ちを味わわせるわけにはいかない。ところが、ムラトと話もしないうちに護衛に取り囲まれ、ダフネは今は使われていないハーレムに囚われてしまった。★『アラビアン・ロマンス:バハニア王国編』の関連作は今月でひとまずピリオドとなります。8月にはシルエット・ラブ ストリームよりスーザン・マレリーの新作をお届けしますので、こちらもお見逃しなく!★

「アラビアン・ロマンス:バハニア王国編(シルエット・スペシャル・エディション)」作品一覧

(3冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

王族専用機の窓の下に青い海と砂漠の街が見えてくると、エマは自分が本当に神秘に包まれた国を訪れたのだと実感した。突然現れた国王の使者から招待を告げられたときは、誘拐されてどこかへ連れていかれるのかと思ったけれど。これから〝ピンクの宮殿〟とよばれる王宮で国王に謁見する。そこにはいったい何が待ち受けているのかしら?不安を覚えながらリムジンから降り立ったエマは、ふと視界の端でとらえたものに視線を向けた。影の中から長身の人物が近づいてくる。それはエマにとって、忘れようにも忘れられない人だった。★1100号を迎えたシルエット・スペシャル・エディション。記念号はスーザン・マレリーのミニシリーズ『アラビアン・ロマンス:バハニア王国編』関連作です。今月から3カ月連続で刊行いたしますので、どうぞお楽しみに!★

パイロットの訓練士として世界中を飛び回るビリーは、まるで女王のように、空の上では男たちを自由にあしらっていた。地上に降りればごく普通の、おしゃれが好きな若い女性だが、訓練を受けた男たちはビリーを無視することで屈辱感を晴らす。だから恋愛を楽しむこともなく、ひたすら仕事に専念してきた。ところが、果敢にも彼女に立ち向かう男性がいた。富と血筋のよさが全身からにじみ出るような、端整な顔つきの男性――バハニア王国の第四王子、プリンス・ジェフリだ。顔を合わせた二人は激しく惹かれ合い、恋に落ちていくが、王子には国王の勧める花嫁候補がいた。★先月に引き続き、『アラビアン・ロマンス:バハニア王国編』の関連作をお届けします。プリンスに恋してしまったビリー。はたしてその恋のゆくえは?★

ダフネは十年ぶりに砂漠の国に降り立った。二十歳のとき、婚約中のムラト皇太子の前から姿を消したのは、将来の王妃という重圧に押しつぶされて自信喪失したからだ。あるパーティで、言い寄る女性たちから救ってあげた彼が、中東の王国のプリンスだなんて知らなかったのだ。だが彼は、私を追いかけてもこなかった。あれから長い月日が流れ、信じられないことにムラトがダフネの姪のブリタニーに結婚の申し込みをするという。まだ十代の姪に同じ気持ちを味わわせるわけにはいかない。ところが、ムラトと話もしないうちに護衛に取り囲まれ、ダフネは今は使われていないハーレムに囚われてしまった。★『アラビアン・ロマンス:バハニア王国編』の関連作は今月でひとまずピリオドとなります。8月にはシルエット・ラブ ストリームよりスーザン・マレリーの新作をお届けしますので、こちらもお見逃しなく!★

「アラビアン・ロマンス:バハニア王国編(シルエット・スペシャル・エディション)」の作品情報

レーベル
シルエット・スペシャル・エディション
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸・小説 ハーレクイン(小説)
ページ数
266ページ (砂塵のかなたに)
配信開始日
2012年12月26日 (砂塵のかなたに)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad